オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

実名ブログで意見を発信していくということ

»

昨日は、BLOGOS日本財団主催のブロガーミーティングに参加してきました。笹川陽平会長からお話があり、その後パネル方式で笹川会長、やまもといちろうさん、NHN Japanの田端信太郎さんが登場され、短い時間の中でしたが、「世界から見た日本」というお話がありました。

笹川会長からは「日本ほど外交員が単身赴任をしている国は珍しい」というお話がありました。外交員の奥さんが、欧米以外には一緒に行かない人が多いそうです。(驚)アジア、東欧といった地域を格下に考えている日本人も多い、という話題もありました。このあたりはまたゆっくり考えていきたいところですが、笹川会長がブログについて言及されていました。

「日本財団では、僕が責任を取るからどんどん発信していこう、と言っています」

ここが、日本の多くの企業人のボトルネックになっているところだと思います。実名で書いているブログでも、社名は公開していない人は少なくありません。それは、日本企業の多くが、ブロガーとして社名を公開することをよしとしないからのようです。経営者が「どんどん発信しよう」とは言ってくれず、かといって「自分の責任で発信すること」とも言わない。社員が個々に発信することを良しとしていないことから、社名は伏せている、という話を伺ったことがあります。

何かを批評したり、揶揄することではなく、自分の言葉で発信していくことで、変わっていくこともあると思います。また、発信していくことで、違う意見があることにも気づけます。笹川会長いわく「炎上したっていいじゃない(笑)」。こういう「大きさ」が大事なんだなと感じました。その後の懇親会でお話をさせていただいたBLOGOSのブロガーの皆さんとも、こういったお話ができ、ブロガーとして有効な時間を過ごすことができました。

「実名ブログ」で発信する重要さ、そして責任といったことを再認識できたイベントでした。ありがとうございました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する