オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

【773校】日本の大学は全部必要なのか

»
 週末の話題だと、気軽に読んでください。
 

 先週のマリコさんのプレゼン、そして坂本さんのブログを拝読して考えさせられました。もちろんMBAを取得されたのはビジネススクールであって、大学レベルで比較するものではないです。

 
 2011年に大学を卒業予定の学生の就職内定率は、70%とも、60%台とも言われていますが、卒業せずに居残っている人、就職活動を途中で止めてしまっている人などがいるので、本当のところって分からない気がします。
 
 ところで、先日久しぶりにJR某線に乗ったところ、聞いたことのない大学名の広告がびっしり。大学名が変わっているところもあると聞きますが、それだけでは無さそうです。
 2009年時点での大学数は【773校】。そのうち、400校以上が定員割れという話も聞きますが、本当に全部必要なのかな、と思ったり。いや、大卒という資格がほしいというのもあるのでしょうが、高卒だとダメなんですか?という、どこかの政治家のような台詞が頭の中を巡ります。
 
 とある方が、「うちの会社で新卒というのは、全員高卒です」と仰有っていました。エンジニアを育成する上で、へたに4年間を無駄に過ごすくらいなら、うちの会社で4年間勉強する方が良い、ということだそうです。それも一理あるなぁ、なんて思い。
 
 何が正解なんてないのは昨日のブログでも書いたとおりですが、流されて行く程度なら、高卒で自分なりの方向性を見つけることが出来る社会であると良いな、なんて思った週末です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する