オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

デスクトップに何も置かないための3つのルール

»

 デスクトップといっても二つありますよね。机の上と、パソコンのデスクトップ。前に何度か書いていますが、佐藤可士和さんの本を読んでから、特にパソコンのデスクトップを意識しています。
 とは言っても、メールで添付ファイルが届いたり、何かをダウンロードしたり、自分が作成した資料だったり、その資料も作りかけだったり。ちょっと気を抜くと、3つや4つのファイルがデスクトップに存在していることがあります。
 そのために、最近では自分自身にルールを設けています。

1.デスクトップにダウンロードしない
 添付ファイルであろうと、ダウンロードであろうと、デスクトップに置くことを止めています。なので、都度ダウンロードすべきフォルダを考えなくてはいけないんですよね。で、後回しにすると忘れるから、何をするにしてもすぐに作業してしまいます。時間のかかる場合は、テンポラリーフォルダへ。このフォルダは毎朝一番にチェックして、出来るだけ早く空っぽにしてしまいます。

2.キレイな壁紙を使う
 Web上でキレイな壁紙を探してきて使っています。色合いも濃淡がはっきりあるので、ファイルやフォルダを置くと目立つわけです。また、キレイな壁紙を邪魔するファイルが気になります。なので、なるはやで処理してしまうわけですね。
 もちろん、1のルールが100%徹底されたら、不要なことかも知れません。
 
3.ファイルをアップデートしたら、前のファイルは捨てる

 これ、実は最初の頃、かなり勇気の要る行為でした。(^^; 新しいファイルが間違っていたらどうしよう、とか。ですが、捨てると決めてしまえば、新しいファイルに対するチェックも厳しくなるものでして。

 こうやってパソコンのデスクトップをキレイにし始めると、机の上(デスクトップ)も気になるものです。コーヒーカップ一つ置くにも、右か左か、とか。使ったファイルはすぐにしまうとか。
 なかなか整理が下手くそな性格ゆえに、いろいろと苦労しております、はい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する