オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

田んぼ始めました

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

GWも明けた今日、みなさまいかがお過ごしですか?「やる気が出なーい」という方も多いのではないでしょうか。おいしいものでも食べて、気分転換してくださいね!

去年から、田んぼやってます。

「やってます」は違うな。「手伝ってます」が正しい。

若いころは、「田んぼなんてめんどくせー」と思っていましたが、年齢を重ねてくると、「今まで何十年(たぶん100年オーバー)続いてきたものを、自分という、一瞬の判断でやめていいものか」という気持ちが沸くようになってきました。また、最近の「買ったほうが安いじゃん」みたいな現状に対する課題認識とか、逆に、「将来、こんなことができたらいいなー」みたいな前向きな想いもいくつかあり、去年から真面目に取り組み始めました。

とはいえ、何をどうしていいものか、ほぼ分かっていません。なので、父親の後について、いろいろと教えてもらっています。

そういう父親は、この冬に肩の手術をしまして、4月末に退院してきたばかりでまだ力仕事ができません。そんなわけで、頭脳は父親、力仕事はボクと、役割を分担してやっている感じ。「これも、引継ぎにはいい機会だな」と思っています。

農家(兼業です)にとって春は大忙しです。これまで、たい肥と肥料まき、側溝の泥上げ、田おこしとやってきて、5/8には田んぼに水をいれました。

こんなとき、表向きには「ワクワクします!」なんて言ったほうが本当はいいんでしょうけど、正直、田んぼは楽なことばかりではありません(側溝の泥上げはホント、くたびれましたし)。それでも、今まで乾いていた側溝が少しずつ湿っていくのを眺めていたら、「あー、今年もこの時期が来たな」と、しっとりと、うれしい気持ちが沸いてきます。

山から流れてくる雪解けの水。きれいです。

20160509_1.jpg

用水の水を止めて、田んぼに水を引き入れます。

20160509_2.jpg

側溝をずーっと通って

20160509_3.jpg

田んぼに到着

20160509_4.jpg

5/9。一晩おいた状態です。田んぼに水が溜まるまで、あと1日ぐらい時間がかかりそう。

20160509_5.jpg

昨日から田んぼの水を見がてら、父親と田んぼの畔を歩くのが日課です。この後は、5/13にしろかき、5/22あたりに田植えの予定。

田んぼをやっていると、いろいろと思ったり感じたりすることがあるので、今後はそれらを言葉にしていきたいと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する