オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

約8割の人が「職場のコミュニケーションは取れていると感じている」って本当?

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

よく聞く言葉に、「職場のコミュニケーションが悪い」というのがあります。

ふと、「職場のコミュニケーションが悪いと思っている人って、どのぐらいいるのかな?職場のコミュニケーションって本当に悪いのかな?」と思って検索していたら、第2回「職場のコミュニケーションに関する意識調査」(公益財団法人日本生産性本部)というアンケート結果を見つけました。

そのいくつかを抜粋すると

1.課長・一般社員とも業務上のコミュニケーションは取れていると感じている
(1)課長の82%、一般社員の73.1%が「業務上のコミュニケーションは取れている」と感じている

この結果を読んだ最初の印象は、「え~!?約8割の人が”コミュニケーションが取れていると感じている”って本当?」というものでした。

そこで、改めてこの回答の設問をみてみると、「部下または後輩との業務上のコミュニケーションについて、どのように感じていますか?」「上司との業務上でのコミュニケーションについては、どのように感じていますか?」となっています。

「業務上の」という言葉があれば、「まぁ、仕事に必要なコミュニケーションは過不足なく取れているかなぁ」という感覚を抱かなくもないかなぁと思いました。逆に、「業務上の」という言葉が無い場合や、「話を聞いてくれますか?」「必要なときに、必要なアドバイスが得られますか?」「コミュニケーションによって仕事のやりがいを感じられていますか?」みたいな設問だとどんな回答になるのか、興味深いところです。

続いて、部下の能力発揮と上司のサポートについては

2.部下の能力発揮と上司のサポートにチグハグ感がある
(1)有益な情報の共有について、課長の57.7%が「共有されている」としたのに対し、一般社員は45.1%にとどまった

(2)叱ることが「育成につながると思う」課長は89.0%いる一方、叱られると「やる気をうしなう」一般社員は56.8%にのぼった

(3)部下を「褒めている」課長が80.3%いるのに対し、「上司は褒める方だ」と回答した一般社員は51.4%にとどまった

(4)職場で「率先して仕事に取り組んでいる方だと思っている」一般社員が78.3%いる一方で、部下、または後輩の仕事ぶりに「満足している」課長は37%にとどまった

となっています。このあたりは、「まぁ、こんな感じかなぁ」という印象。このチグハグ感が埋まればいいのですけれどね。

しごとのみらいでも過去にアンケート調査をやっていますが、実際どうなのかってところを探ってみたいなと改めて感じだ次第です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する