オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

信頼されるコーチは「コーチング」にこだわらない

»

「コーチングとコンサルティングは違う。
 コーチはアドバイスをしてはいけない」

「コーチはカウンセリングをしてはいけない。
 カウンセリングが必要な場合は、カウンセラーに任せなさい」

これは、私がコーチングを習ったときに
テキストブックに書いてあったことです。

専門領域に徹することで
コーチとしてのパフォーマンスを上げていこうという
意図があるのかもしれません。

けれども私は、コーチであっても
コンサルティングやカウンセリングができるほうが
断然いいと思っています。

なぜなら、人はポジティブなときばかりではないからです。
(当たり前ですね)

やれることはやったけど、成果につながらないこともあるし
いろんな理由で気持ちは「やろう」と思っているけど「できない」こともある。
そういうとき、人は悩むし、苦しみます。
的確なアドバイスが欲しいし、悩みを聞いてほしいのです。

ここで、
「すみません、私はコーチなので、そのほかは専門家にお願いしてください」
というコーチがいたら……ちょっとね。

スポーツのコーチは
選手が最高のパフォーマンスで競技できるように最善を尽くします。
選手が自分で考えるようにしむけることもあれば
的確なアドバイスをすることもあるでしょう。
スランプに陥った時、よき相談相手になることもあるでしょう。
すべてを網羅できてこそ、信頼のおけるコーチであるはずです。

信頼されるコーチは、
コーチング「が」できる人のことを指すのではありません。
コーチング「も」できる人のことを指すのです。

スキルの専門性を高めるのは大切なことです。
けれども、サポートできる領域をスキルで区分ける必要はないのでしょうね。

Comment(2)

コメント

クライアントに対して結果・成果が出せるのが大事であって、手段は問われないものです。

しょうたくさん、おっしゃる通りですね。

コメントを投稿する