オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

やる気が出る指摘、やる気をなくす指摘

»

仕事をしていると、一緒に仕事をしている人に問題や課題を指摘するシーンがあります。問題や課題ですから、はっきりと伝えることが必要です。

同じ指摘をするにも、「やる気が出るように指摘する人」と「やる気をなくすように指摘する人」がいます。

やる気をなくすように指摘する人は、

「あなたのここが悪い(マイナス:指摘)」
「これはこうではない(マイナス:指摘)」

と、問題や課題を列挙します。マイナス点ばかり指摘されるので、やる気がなくなってしまいます。

やる気が出るように指摘する人は、

「○○がいいね(プラス:褒め言葉やねぎらい)」
「ここは××だからこうしたほうがいい(マイナス:指摘)」
「もっと○○になるように期待しています(プラス:期待)」

のように、トータルで良い印象が残るように指摘します。全体の印象がプラスなので、「よし、期待に応えるようにがんばろう」と思います。

「プラス:褒め言葉やねぎらい」
「マイナス:指摘」
「プラス:期待」

の流れなので、私は「PMP法」と呼んでいます。ちょっとした差ですが、全体的にプラスになるように意識するだけで、相手に与える印象は大きく違います。

特に、メールで指摘は硬い口調になりがちなのでPMP法が有効です。実際今、2つのメールを目にしているのですが、1つのメールはPCを投げつけたくなるほどイライラ(笑)。もう1つのメールは暖かさを感じ「○○さんのためにがんばろう!」という気になっています。

仕事仲間に指摘するのは、よりよい仕上がりを期待するからこそ。仕事の仕上がりはやる気が左右します。それならば、少し意識して、相手のやる気が出てくるような指摘をしたいものですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する