オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「もしも、こんな面白い観光マップがあったら」 ― 大好き妙高!地域活性化プロジェクト3回目を行いました。

»

こんにちは、竹内義晴です。

私の住まいである新潟県妙高市には、日本百名山の1つ「妙高山」という美しい山があります。
妙高山の写真と言えば、妙高高原池の平地区にある
「いもり池」から撮影された写真が有名で
さまざまな観光パンフレットにも使われています。

Mtmyoko

確かに、いもり池からの妙高山は美しいビューポイントなのですが
他に、美しい妙高山を見るポイントはないのかな。
地元に住んでいると、妙高山はいつも目に入っているので
あまり考えたことがありませんでした。

では、この地図を見てください。

Inagaki
(↑クリックで拡大)

この地図は、妙高市でIT関係の会社を経営されている
有限会社ユームの稲垣さんが作られたもので
妙高山をさまざまな場所から撮影し、地図にされたものです。

まだ作成途中ですが、こんな地図、見たことがありません。
こういう新しい視点、好きです、。

稲垣さんは、この地図を作るに当たり、天気の良い朝にいろんな場所に出向き
撮影されたそうです。「朝の妙高山はすごくきれいだ」とおっしゃっていました。

もし、写真好きの方が、この地図を手にしたら
どんなことができるかイメージしてみました。

たとえば、撮影会はどうでしょうか。
写真家のみなさんを地図の場所にお連れして
美しい妙高山を、いろんな姿で撮影できたら、とても楽しいかもしれません。

さらに、コンテストにして
優勝者には、公用施設に代々飾られるとしたら、うれしくないでしょうか。

ツアーは、1泊2日。夜は、お酒を飲みながら参加者同士で写真談義。
カメラを自慢しあったり、撮影テクニックを披露しあったりしたら
楽しいツアーになることも期待できます。

1つの地図が、多くのイメージを膨らませてくれました。

この地図のアイデア、すごくおもしろいと思いました。
なぜなら、いろんな地図に応用できるからです。

たとえば、旅行に行こうと思うと、「○○に行こう!」と行く場所をまず決めますが
その後で、意外と悩むのが「旅行の工程」です。
もちろん、観光協会のサイトなどには、観光地の地図はありますが
「どのぐらいで移動できるか」「どのぐらいの時間、遊べるか」
などの情報が少なく、工程を組むのが意外と悩むのですよね。

もし、地元に住んでいる人がオススメのレストランや
後悔しないルートマップをプロデュースしてくれたら旅行する側は安心だと思うんです。

・地元住民がオススメ!「旅行先で絶対に後悔しないレストランマップ」
・「あなたの旅行を地元住民がプロデュース!」最高の妙高を楽しむルート

のような、「旅行者が本当に望んでいる地図」を作ったら、面白いと思います。
もし、ボクがホテルを経営していたら、自分がオススメの地図を作り
手書きのコメントを入れて、お客様をガイドしながら回りたいと思いました。

自分が旅行する立場まら、そんなサービスがあったら利用してみたいと思いますもん。

今、観光業が衰退しているそうです。
このような話になると、「早く景気に上向いて欲しい」「観光行政が悪い」など
他の力に依存しがちです。実際、そのような声をよく聞きます。

けれども、思いがある人が集まり、自分たちでアイデアを考え、できることからやってみる。
このような場から、核となるものが生まれてくるのではないかと信じています。

この場が、「大好き妙高!地域活性化プロジェクト(妙活)」です、
(妙活についての詳細はこちら

10/25(火)に、ミーティングを行いました。

Dsc_0171_2
(↑ホテルサンライト妙高さんでの、ブレストの模様)

これまでは、どちらかというと、ファシリテーターとして関わっていたのですが
私も、自分の周りにあるリソースの中で、できることをやってみようと
覚悟を決めました(そんな思いもんじゃないけど(笑))。

その覚悟については、また追々、書いていこうかなと思っています、

次回の妙活は、11/29(火)です。
参加を希望される方は、こちらよりどうぞ。

Comment(2)

コメント

もと

私が観光パンフレットで思うのが…

1.観光地に行かないと、分からない情報がたくさんある。
  ○意欲的なパンフレットはあちこちの観光地で見かけます。
   ただ、予定を立ててから観光地に赴くのが普通ですので、
   目的地に着いてから、いろいろなパンフレットを見せられても、その時点では
   予定の変更ができず、どうしようもありません。
   最近は、サイトにも同じ物を掲載する例も多いですので、改善はしてきました。
  ○私は田舎の人間なので誤解を恐れずに書きますが、一般的には、
   田舎の人=遅れてる、都会の人=進んでる、ですので、
   「都会の人はインターネットを日常的に使っている。」
   という点まで思いが至らないのかも知れません。
2.総花的なパンフレットはいらない。
  ○もう、物見遊山的な観光をする時代ではなくなっている、という点が、
   国内観光産業の衰退を招いているのだろうと思います。
   「美しい自然、おいしい海の幸、心安らぐ温泉」など全国どこにでも
   ありふれています。
  ○竹内さんが本文中で書かれていますように「テーマ別の観光を提案できるか」
   が大事なのだと思います。
   古くは「温泉手形」といったものから、新しくは「聖地巡礼」なんてものも
   ありますね。
   単体ではわざわざ人を呼ぶ価値がないものでも、あるテーマでくくってしまえば
   観光資源になるでしょう。

もとさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね。行き当たりばったりの旅を楽しむ方もいらっしゃると思いますが、時間を有効に使いたいですし、できれば、いいところを回りたい。だから、予定を立ててから観光地に行くのですよね。けれども、実際に行ったことがないと、なかなか計画が立てられないというのが、実際なのですよね。この辺をプロデュースしてくれる地図が欲しいんですよね。

一人ひとりの希望は違うから、プロデュースには「テーマ別の観光を提案できる地図」が必要なんじゃないかと、今、メンバーのみんなが考えています。

いただいたご意見、自信が沸いてきました。ありがとうございました!

コメントを投稿する