オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「こんな会議はもう嫌だ」―会議で新しいアイデアを生み出すために

»

昨日、ある会議に参加しました。

内容を一言で言うと、「売り上げが落ちていて厳しいから、なんとかしなきゃ」というもの。
売り上げを上げるためにはどうすればいいか、新しいアイデアを考える会議でした。

状況が厳しいとき、職場の環境が良くないとき、「なんとかしなきゃ」って思うとき……

多くの場合、

「目標に達していない」
「顧客からクレームがある」
「返金率が高い」

などなど、問題点に意識が向きます。すると……

「経営を見直さなければならない」
「営業努力をしなければならない」
「顧客満足を徹底しなければならない」
「広告しなければならない」
「クレームを減らさなければならない」
「あいさつをしなければならない」
「もっと積極的に関わらなければならない」
「目標をクリアしなければならない」
「評価基準を決めなければならない」
「~ねばならない」
「~ねばならない」
「~ねばならない」
「~ねばならない」
「~ねばならない」

このような「~ねばならない」で考え、プレッシャーをかけようとします。

環境が厳しいのですから、そう考えてしまうのは仕方のないことなのかもしれませんが、
なんだか胸が詰まりそうで嫌ですね。

「~ねばならない」をベースに考えると、頭は固くなり、緊張感が漂い、どんよりとした会議になりがちです。
ここで、「新しいアイデアはないですか?」と伝えても、出てくる機会はあまり多くありません。

このようなときは、「もし、望ましい姿が叶っているとしたら、どんなにハッピーか」
から考えてみてはどうでしょうか。

Photo

たとえば、こんな感じです。

「もし、課題が解決して、○○さんがハッピーになっているとしたら、どんな気分になっているだろう?」
「もし、顧客がハッピーになっているとしたら、どんな環境だろう?」
「もし、課題をやりとげてハッピーになっているとしたら、周りからどんな声が聞こえてくるだろう?」

望ましい姿が叶っていることを想像すると、なんだかワクワクしてきます。
ハッピーになっているときの気持ちを感じると、楽しくなってきます。
ハッピーで楽しい雰囲気は、会議を明るくし、何でも意見が言える空間を作ります。
望ましい姿が叶っているシーンから、
そのシーンを作るために何が必要なのかを逆算すれば、新しいアイデアにもつながります。

頭と体がリラックスしていて、ワクワク楽しいほうが
プレッシャーをかけるよりも、新しいアイデアも生み出しやすくなるのではないでしょうか。

仕事のプランでも、ブログ記事のアイデアでも、
友達のバースデーの企画でも、なんでもいいのですが
私たちには、

「このアイデア最高だな~」と、ふと思いつくことがあります。
「あっ、これだ!」と、ついニンマリしてしまう、「あの感覚」です。

「あの感覚」が生まれるシーンを考えてみると、
ぼっ~っとしているときや、仲間と酒を飲みながら、ワイワイ話しているときのような
リラックスしていて、楽しい気分になっているときに「あの感覚」がやってきます。

原因に目を向け、問題を改善することもとても大切なことです。
けれども、原因に目を向けると、思考を問題の範囲にとどめてしまいます。
一方、「すでに叶って、ハッピーな状態」に目を向けると、思考は新しいアイデアを生み出そうとします。

今、社会全体がシュリンクしているので、厳しい環境におかれている会社も多いと思いますが
こういうときほど、原因ではなく、解決に目を向けてはどうでしょうか。

昨日の会議で、それを猛烈に感じたのでした。

Comment(2)

コメント

豊島義博

理想的未来から現在を振り返る:ブレイクスルー という奴ですかね。

豊島義博さん、こんにちは。

>理想的未来から現在を振り返る:ブレイクスルー という奴ですかね。
ですね。
現在から過去を振り返るより、未来より現在を振り返ることで
新しいアイデアやヒントが生まれると思います。
イメージすることで右脳も活発に働き、ひらめきも起こりやすくなるのではないかな~と思います。

コメントを投稿する