オルタナティブ・ブログ > THE SHOW MUST GO ON >

通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

炎天下の車内に子供を放置する気持ちが全く理解できません

»

広い地域で例年になく以上に気温の高い日々が続く今日この頃、豪雨被災地の復興にかかわるニュースなどでも必ず出てくるのが「熱中症対策」の話です。

ただ、残念ながら毎年必ず何件も駐車場に止めた車の中に残された子供の話もやはり出てきます。残念ながらどなたかが亡くなってしまったという報道に触れることもありますが、中には親が戻ってきたり誰かが救出したりとかで大事には至らなかったという話の事もあります。
いや、熱中症に良し悪しはないのですが、実は私、基本的に見た目は全然サラリーマンっぽくなくむしろ危なそうなんだけれど実はシャイで内気でナイーブな堅気なおっさんですよというのを売りにしているのですが、特に車の中に子供を残したことにより起きる事件の話に触れるとどうしても怒りが収まりません。
ダメなんです。
怒りを抑えきれなくなりそうになるんです。
私自身の個人的な思いではありますが「自分の責任を理解していない親の話」と自分が思ってしまう件は。

 

例えばこんな車内放置

朝日新聞さんのサイトで見かけた記事です。有料記事なのではありますが...

炎天下の駐車場、車内に女児 ガラス割ろうとしたその時
https://www.asahi.com/articles/ASL7D7F67L7DULZU010.html

パチンコ屋の駐車場での話なんですが
"発見から10分後、戻ってきた両親は「短時間じゃないですか」「こんなことで子どもは死にません」。いらだった様子だったという。"
って「何言うとんねんアンタなにしよったかわかっとるんかぃ人殺しになるところやってんでこのドアホが!」と温厚な私ですら怒鳴り散らしてしまいそうな状況です。いや、多分、殴り合いになるのを覚悟でその赤の他人の親を怒鳴りつけたと思います。

正直それくらい、後から読んでも怒りがこみ上げてきます。なぜそこまで状況を理解できていないのかが全く分からないんです。もちろんそんな人が一杯いるのは判るし、私自身ほかの方から見たときに「お前何にもわかってねーじゃんバカじゃね?」とか言われることも当然色々あるかとは思いますが、でもこの件だけは怒らせてください。

 

私が一体何に怒っているのか

で、素直に思うんですが、夏でも冬でも子供が子供だけで車内に放置されているなら、時間の長短にかかわらず発見したら警察に通報するべきだし、可能な限り窓ガラスを割って外に出すべきだと思うんです。親の事情なんて考えるべきじゃないと思うんです。

いや、私が自分自身人の子の親として車に子供を乗せて移動ってもちろんやってたし、そのなかで「ちょっとだけだし寝てるし」とか思ったことが全くないわけではないです。でも冷静に考えると誘拐されるかもしれないし、あっという間に熱中症になって死ぬかもしれないし。それに法律的な裏書が必要なら、アメリカなどでも例があるように、車内に子供だけで残されているのは「児童虐待」であり「傷害にあたる刑事事件」であり「保護者責任の放棄」で救助介入した人が責任を問われることはないとする法律でも条例でも作れば良いと本気で思います。今目の前にいる子供を守るための話で、親が勝手に考える個別事情に忖度なんてしちゃだめです。

だってですね、人が死ぬときって、特にそれが事故であれば「このまま行くと死ぬぞ」と思って事故にあって死ぬって普通無くて、死ぬとは夢にも思ってなかったのに死ぬほうが圧倒的に多いと思うんです。
でも、明らかに危険だけれど明らかに避けることができる状況であるということを本人だけが理解していない場合があって、たとえば子供の炎天下での車内放置なんてその最たるものだと思うんです。

 

無意味な車中放置死を避けるために周囲ができること 

この暑さの中、誰でも油断していれば熱中症になります。
簡単になります。
体温をすぐに下げなければあっという間に多臓器不全を起こす所まで行ってしまいます。
そうしたらもう止められません。
死にます。
熱中症で人は死にます。
車内に残っている子供が居たら、すぐに警察に通報するべきだと思うんです。
親の過失を問うべきだと思うんです。
絶対にダメだと思うんです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する