オルタナティブ・ブログ > THE SHOW MUST GO ON >

通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

ひさびさの純粋なデモ屋

»

ここ一週間ほど、色々と経緯があって久々に場の仕切りではなく純粋なデモ屋として動いています。元々マーケティングの特殊部隊を自認するワタシに普通のデモ屋の仕事が振ってくるわけも無く、非常に特殊な機材を使ったモノです。いや、年甲斐も無く、と言ってしまうと実も蓋もないですが、やっぱり血が騒ぎます。

 

あのさぁ、あれ、やっぱりやることになってさ・・・

悪魔のような上司の立ち話。そんなことから怒涛のような準備の日々が始まりました。ヤバイ案件というのは得てして悪魔のような軽い立ち話から始まるものです。年初の海外出張の話の時も、上司の「来週空いてる?」の軽い一言から翌週出張に行くことになったのですガ、今回もまぁ同じようなモンですね。

 

もっと時間と予算をくださいというのは無いものネダリというものですが

大抵こんな話が来る時にはとんでもない条件が付いていたりするものです。そもそも無理が重なって最後に来るケースが多いので仕方ないのですが、随分昔から同じようなことをずっとやっているような気もします。そして文句も同じ。「もっと時間と予算をくださいよ」

まぁ、それが最初から揃ってれば私のところにそんな話は落ちてこないんですけどね。

 

天狗になってはいけないというのは肝に銘じつつ・・・

そういう話が落ち続けてくることには感謝しなくてはいけないと思っています。いや、なにしろ、やっぱり新しいことや難しいこと、それらを厳しい条件の中でやることというのはやっぱり楽しいものなもので。

でも、これじゃエラくなれませんね(笑 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する