オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

Darden MBA二年生たちによるGlobal Consulting Project

»

おはようございます。

曇り空。16.5℃、1014hPa @5am

===ほぼ毎朝エッセー===

自分も約20年前に参加し、シンガポールとインドネシアに行って実施したことがあるのですが、Darden MBAの2年生のプログラムにはGlobal Consulting Project (GCP)と呼ばれるものがあります。今朝の9時からの会議はその詳細について説明を聞いた会議でした。会社として、何か面白い課題を提供できないかと考えているからです。

基本的には大企業からスタートアップまでの企業や、NPO、あるいは個人などがスポンサーとなって、課題を提案します。そこに学生たちはその課題について参加したいかどうかを検討、レジュメとともに応募します。学生たち2~4人が1チーム、企業側のプロジェクトとマッチングできるとGCPが成立します。成果物としては、課題についての考察が含まれたレポートが提供されます。

今では毎回8~10くらいのプロジェクトが春と秋に成立するそうです。これは単位が付与されるもので、しっかりと担当教授がいて、プロジェクトの内容次第では、別な教授も見てくれるそうです。

プロジェクトとしてやる(やれる)こととしては、次のような内容です。

  • Market research and analysis
  • Development of marketing plan(s)
  • Operations assessment
  • Risk assessment
  • Financial review and recommendations
  • Create whole enterprise or branch plans
  • Determine best practices and strategies
  • Clarification or assessment of target market
  • Assessment of potential impact of the business model (impact, sustainability, reliability, scalability, replicability)
  • Exploration of strengths, weaknesses, opportunities, and threats in new or existing markets
  • Development of product concepts based on consumer-oriented research
  • Distribution network analysis

学生とはいえ、大学を通常に卒業し、4-5年の社会人経験がある人たちが、2年近くのDardenでのMBA教育を受けた後での人たちです。それなりに歯ごたえがある成果物ができることも期待できます。

企業側に必要な費用は、海外に行くときの現地での宿泊費と交通費。現地までの交通費は学生が持つという仕組みだそうです。費用の清算は学生とスポンサー側とで実際に訪問を受けた際に実施することが多いそうです。

春のプロジェクトの場合は、次のようなスケジュールそうです。

  • 12月上旬までにマッチングを完了
  • 1月から週1くらいのミーティングが開始
  • 3月末に10日くらいで現地に赴いてフィールドプロジェクトを実施
  • 4月末くらいまでに結果のプレゼンテーションをスポンサーに実施

学生さんの勉強の助けになるということで、現地で訪問された人たちも結構なことを熱心に教えてくれ、会社の人間としては聞けないようなことも情報として入ることもあるそうです。

面白そうなのでやってみようかと思います。今回の春のプログラムのプロジェクト提供側のデッドラインは10/28です。課題を考えてみなければ!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する