オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

越境ECという攻め方

»

chinese02.jpgのサムネイル画像越境EC:
国際的な電子商取引のことを言います。
特に活発なのはやはり中国本土市場を狙っての我が国EC業者の進出とも言い換えることができます。

言葉の定義を聞けば、いかにもビジネスチャンスがありそうですが、楽天を初めとして中国市場からの撤退を余儀なくされた企業は数知れずです。

なぜあれだけネット購買が伸びている国で失敗例が多いのでしょうか?
理由として一番に考えられるのが、現地の人たちにECサイトの存在を気付いてもらえない、という点です。

中国では大手アリババのサイト「天猫(Tモール)」など、一部の非常に知名度の高いECサイトが高いシェアを誇っていて、それらへの出店など、信頼できる企業との提携が欠かせません。

そこまでしても失敗する事例は後を絶たないのですが、少ないながらも成功を収めつつあるECサイト運営企業もようやく登場するようになってきました。

日本製の商品を、円安効果が高い日本で買うのとほとんど変わらない価格で買うことのできるサイトがそうです。

こうしたことを勘案するに、成功するためにはもっと深堀りする、マーケティングに力点を置く、などの対策が必要不可欠なことは間違いありません。




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する