オルタナティブ・ブログ > プロジェクトマジック >

あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

オーナーシップ≠仕事を自力でやること、あるいはうちの会社が最初に叩き込むこと

»

★新入社員は誰も分かっていない
僕がつとめる会社(ケンブリッジ)での「オーナーシップ」という考え方は、どうやら一種独特らしい。新入社員が入ってきて、プロジェクトで仕事を始めると、ほぼ必ず戸惑いがあるようだ。

どうせ僕ら流の「オーナーシップ」が身に付いていないのだから、まずは分かっていないんだ、と実感してもらう所からOJTをスタートさせることにした。
具体的には、OJTとして配属されたプロジェクトで、仕事を丸ごと任せるのだ。もちろん、お客さんに迷惑をかけないように、新人が失敗しても他のメンバーが尻拭い出来るような、小さめの仕事を切り出して渡す。

そうするとほとんどの新人はオーナーシップを発揮できない。だから失敗する。そうして、自分にオーナーシップが不足していると痛感するところから、うちの会社でのキャリアがスタートするのだ。

★真のオーナーシップとは何か
真のオーナーシップとは何かを説明するために、逆説的に「何ではないのか」を書いてみよう。

1) 全部仕事を自力でやることではない
もし仕事を全部自力でやるのだとしたら、その人は「自分でやりきれる程度の大きさの仕事」しか担当出来ないことになる。
個人事業主ならそれで良いのかもしれないが、組織に属している以上、人の力を借りる必要は常にある。

2) 力の限り頑張ることではない。
「力の限り頑張る」というのはアマチュアの世界では美徳なのかもしれない。でもプロフェッショナルの世界ではそうではない。力を超えて頑張らなければならない。
自分の力の限り頑張るだけだと、自分の能力の上限が、できる仕事の難易度の上限になってしまう。あなたの「力の限り」が「求められるレベル」に達していなかったら、どうするつもり?

求められるレベルに達していなくても「僕は精一杯頑張ったんです」と言えば許されるのはお子さまだけだ。
仕事は難しく、自分の能力は低い。だから、そんなことは許されない。

3) 責任をとることではない
僕自身が新人の時に教わったのだが、時計の針を戻せない以上、この世に責任をとれる人はいない。仕事がうまくいかなかった時、オーナーシップを持っている人が辞任したって何も解決しない。

責任とはただ「感じる」ものなのだ。
そしてオーナーシップとは、仕事がキチンと遂行されることに対して、責任を感じることである。
「提案書作成のオーナーになる」とは、提案書が良いものになる事が自分の責任だと感じること。「○○会議のオーナーになる」とは、会議が生産的な場になることは他の誰のせいでもなく、自分に責任があると感じること。

★オーナーシップがある人の行動パターン
ある仕事の成功に責任を感じれば、当然ベストを尽くして仕事にあたることになるが、その尽くし方が問題だ。

求められるのは
「ありとあらゆる手を使い、なんとしてでも求められる品質や納期に達すること」
ということ。

うちの会社で「ねえ、この件、オーナーになって」と言われたら、それは
「ありとあらゆる手を使い、なんとしてでも求められる品質や納期に達することに、一番に責任を感じる人になって」
と言われるのと同じである。もちろんめんどくさいからいつもは単に「オーナーシップ持って」とだけ言うけど。

プロジェクトは難しい。だから、プロジェクト中に任せられる仕事はほとんど常に、自分の能力よりも量が多いか、品質レベルが高い。
それでもオーナーになった以上、なんとかそれに追いつこうとする(追いつこうとしないと、バカと怒られる)。
でも自力では出来ない。うーん、勝ち目のない戦いに見える。なんて理不尽なんだ。

この無茶を乗り越える方法は、分かってしまえば簡単で、他人の力をうまく使えばいいのである。それに気づいた人の、必然的な行動パターンをいくつか挙げてみよう。

1) 要求レベルを自ら確認して回る
自分の能力以上の仕事なのだから、「どこまでやればOKなのか」がそもそも分からない。分からなければ、分かっている人に確認するしかない。
お客さんに聞くのは王道だし、前に書いたように「そこ、そんなに品質あげなくて良いよ」と上司に言ってもらう様に相談をするのも大事なことだ。

2) 自分より能力の高い人をアレンジする
上司や先輩を、自分の仕事をうまくやるためのパーツとして使え、という事ですね。
例えば「これをお客さんに説得するのは、先輩の口から言った方が説得力があるので、先輩から言ってください」とか。
「向こうも事業部長が出てくださるので、社長、お願いします! 事前資料は全部こちらで用意しますので」とか。
「資料の納期が水曜なので、火曜午前にレビューしてもらうための時間を下さい」とか。

他の会社の営業さんでも、優秀だなぁと思う人ほど上司をアゴで使うのがうまい。上司の方も喜んで使われている。こういう会社は強い。

3)無理そうな時にはYellow Flagを上げて助けを求める
Yellow Flag(自分でヤバイと表明すること)については前にも書いた。
元々、自分の能力以上の仕事を任せられているんだから、手に負えなくなる時はたまに来る。
「何でも自力でやりきること」よりも「誰の手を借りても良いから、この仕事をなんとかやり遂げること」が大事なのだから、ピンチの時はそれを表明して、誰かに助けてもらえばいい。

★真のオーナーシップを持っている人だけで作る組織は強い
何もかも自分でやりきれるほど能力が高くなくても、こういう行動がとれる人であれば、つまりオーナーシップを持てる人であれば、周りは仕事を任せられる。
自分で状況を壊す前にヤバイときは相談してくれる、という安心感があるから、しょっちゅう「大丈夫?」「困ってない?」と世話を焼いてあげる必要がなくなる。楽なのだ。
そして、誰もが自分の能力以上の仕事を担当出来るのだから、当然強い組織でもある。

そして、最初は他人の力を借りないと仕事を遂行出来なかったひとも、その仕事にオーナーシップを持っているうちに、だんだんと自力で出来るようになっていく。Yellow Flagをあげる頻度も少なくなる。
そしてそれは、次の「他人の力を借りないと出来ないような、難しい仕事」にチャレンジする合図なのだ。

今日書いた「真のオーナーシップ」の延長線上に、マネージメントやプロジェクトファシリテーションもあるのだと思う。が、それはまた別の話。

まとめ
オーナーシップを持つからこそ、他人の力を借りよう。そして今の実力では出来ない仕事をやり遂げよう。自分と周りの人のために。
今日はここまで。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する