オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Windows 7 RCをインストールしてみた

»

Windows 7 RCが公開されたのでインストールしてみました。ついでに、ベータ版のインストールエントリは、ここにあります。

ビルドは7100でした。

ベータ版でマルチディスプレイがうまく動いていない印象でしたが、今回はトリプルディスプレイを認識してくれました。それも最初から拡張で認識してくれたため、ディスプレイの位置を入れ替えだけで簡単に設定できました。AMDのATI Catalystを入れなくても問題なく使用できました。

起動後のメモリ使用量は、以下の様な感じでした。ちょっとベータ版よりも多くなった感じがします。

Windowsエクスペリエンスを見ると、以下の結果でした。ついでに、インストールしたPCは、Phenom II X4 940BE、Radeon HD 4850&4550、DDR2-800 2GBx2(4GB)、ST31000333AS、ASUS M4A79です。

また、3DMarkVantageを計測してみましが、Vistaと7では明確な差がありませんでした。

OS Extreme High Performance Entry
Windows 7 RC X3072 H4581 P7297 E19653
Windows Vista SP1 X3094 H4572 P7265 E19247

Windows 7の特徴のひとつに、XPモードもあるようなので、それもインストールして起動だけは確認してみました。

Virtual PCで最初からWindows XPがディスクが入っている感じです(仮想化)。OSのライセンスとインストールが不要分、設定まで簡単にできるのはいいですね。ビデオ周りとか改善されていない感じですし、CPUコアも1つしか認識知れくれませんでした。

ちょこっとだけ使ってみましたが、Vistaと7 RCのデュアルブート設定にしたため、しばらくは使ってみます。

【Windows 7関連】
ビデオ周りが改善したVMWare Player 3.0にWindows 7をインストールしてみた
デスクトップPCにWindows 7をインストールしてみた
ThinkPad X61にWindows 7をインストールしてみた
Windows 7 RCをインストールしてみた
Windows 7のベータ版をVMware Workstation 6.5.1にインストールしてみたが...
Windows 7をVMware Serverにインストールしてみた
Windows 7のベータ版をインストールしてみた

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する