オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Windows 7のベータ版をインストールしてみた

»

Windows 7 β、ようやくダウンロード開始」と公開されたため、早速ダウンロード&インストールしてみました。

ビルド7000となっています。

Windows 7はNetbook系で入れられるようにメモリ使用量などが削減されているようですが、起動直後のメモリ使用量を見てみると700MB前後でした。

また、Windowsエクスペリエンスを見てみると以下の結果が出ました。ついでに、Windows 7にインストールしたPCは、「Phenom II X4 940BEに換装した」のPC(CPU:Phenom II X4 940BE & Radeon HD 4850 & ST31000340AS)です。

Windows Vistaでは数値の上限が5.9まででしたが、Windows 7では7.9まで上がりました。メモリ(DDR2-800)とHDD(7200rpmの1TB)が、最低値(5.9)になりました。メモリとHDDは一般的な製品のため、数値を上げようと思うとDDR3とSSDにしないとだめですね。

ついでに、このPCをWindows Vistaでパフォーマンスを確認するとHDDのみ5.7でそれ以外は5.9になります(HDDのみVista(ST3320620AS)と7(ST31000340AS)を入れたものが違います)。

また、3DMarkVantageで計測してみましたが、Vistaと7には差がありませんでした。ゲームの描画周りは変更がないのかも知れません。

OS Extreme High Performance Entry
Windows 7 X3000 H4463 P7113 E19074
Windows Vista X3009 H4478 P7122 E19059

インストールして少ししか使用していないため、軽くなったかまでは確認が取れませんでした。また、ビデオカードは認識していましたが、デュアルディスプレイの設定がミラー化ぐらいしかできませんでした(ATI CatalystのインストールをしていないためCatalystからできるかも)。

後、付箋やSnipping Toolも使ってみました。Snipping Toolはちょっと便利かもしれませんね(alt+PrtScで十分な気もするが...)。

【Windows 7関連】
ビデオ周りが改善したVMWare Player 3.0にWindows 7をインストールしてみた
デスクトップPCにWindows 7をインストールしてみた
ThinkPad X61にWindows 7をインストールしてみた
Windows 7 RCをインストールしてみた
Windows 7のベータ版をVMware Workstation 6.5.1にインストールしてみたが...
Windows 7をVMware Serverにインストールしてみた
Windows 7のベータ版をインストールしてみた

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する