オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

やっぱりWindows2000が最高!と高速化方法

»

 家族のメインマシンであるThinkpad X31(Windows2000,Pentium M 1.4GHz, メモリ 768MB, ハードディスク 40GB)を大学に通う娘の個人マシンにしてあげるために、中を整理してみた。

 利用の99%はインターネットの各種サービスが受けられ、オフィス製品が利用でき、デジカメ、携帯電話とのシンクで十分だそうだ。

 Windowsの設定変更やディスク内の整理を行って高速化(後述)し、

娘がよく使うインターネットの機能やサービスをMy Yahooに使いやすく配置、

便利なYahooのガジェットもデスクトップに配置した。

 また、ふるーいバージョンのMSオフィスと1.2.3を削除した代わりに、無料のオフィスソフトとして「OpenOffice.org」をインストールした。

 さらに、ウイルスチェッカーやセキュリティソフトも古いバージョンのままだったので、KING SOFTの無料(広告付)のアンチウイルスとインターネットセキュリティソフトをインストールした。 これらのソフトも高速に動作するように、ホワイトリストへの登録やメールファイルチェックは設定しなかった。

関連記事→定番の「無料」ウイルス対策ソフト (7/8 2009)

 結果は、、、

速えー! かっちょえー! サクサク

Img_0916_2

 今、私が仕事に使っているVista & Thinkpad X60よりもずっと気持ちよく使える環境になった。

 やっぱり、Windowsは「Vista」でも「XP」でもなく「2000」に限る。 何の問題も無いし、何より軽い!

 娘は喜び、私はIT会社のお父さんとしての地位は上向きだ。

 あとは、ダイニングに置く新しいパソコン(WindowsかMacか、まだ、迷っている)

 次回、Windows2000の無料延命利用のための情報を紹介したい。

<高速化のための作業>

 ・ほとんど使わないソフトウエアを思い切ってアンインストール

 ・不要なファイルを外付DVDにバックアップ

 ・ファイル整理を兼ねてフォルダー階層、フォルダー数を極力減らす

 ・ディスクのクリーンナップ

 ・常駐ソフトの取り外し(システムトレイ、スタートアップ、レジストリ、、、)

   参考 → Windows XPの高速化の参考設定

 ・仮想メモリを大きめにして、利用ドライブをデータードライブに変更

 ・メールの添付ファイルウイルスチェックなど、インターネットプロバイダーがカバーしているセキュリティをパソコンのセキュリティ設定から外す

 ・デフラグで最適化

 ・マウス感度など気分的に早く感じるように設定

 ・IEの一次ファイル増加

 ・IEの不必要に厳しすぎるセキュリティを甘く変更

<Windows環境整理のための関連記事>

 Windows高速化

 Windowsのカスタマイズ(窓の杜)

<「けんじろうとコラボろう」の関連記事>

まだWindowsなのか?そろそろMacか?」を考えてみた

Windows XPの高速化の参考設定

Comment(20)

コメント

おおた

>何の問題も無いし
 Windows2000を使わなくなって久しいので間違っていたらごめんなさいとしか言いようがないのですが、Windows2000は2007年7月1日よりサポートの「延長フェーズ」の「3年目」に入り、セキュリティパッチの提供はWindows Updateからではなくダウンロードセンターからのみとなっているはずですが、その辺の対策(といいますか、パッチが出るたびにわざわざダウンロードセンターまで取りに行く習慣付け)は大丈夫でしょうか?
 娘さんがどうしてもWindowsでないと困る事情がおありなら仕方ないのですが(GyaO見れないと困るとか(笑))、セキュリティのことを考えるとUbuntu等のLinuxデスクトップOSを推薦したいところです。

おおたさん
>セキュリティパッチの提供はWindows Updateからではなく
>ダウンロードセンターからのみとなっているはずですが、
>その辺の対策(といいますか、パッチが出るたびにわざわざ
>ダウンロードセンターまで取りに行く習慣付け)は大丈夫でしょうか?

 忘れていました、、、、。 これはちゃんとやらなくてはいけませんね。

>セキュリティのことを考えるとUbuntu等のLinuxデスクトップOSを推薦したいところです。

 ぜひ、そうしたいのですが、私がLinuxをまったく知らないのです。 確かにその手がありましたね。 オフィス製品もありますし。

 ちょっと勉強してみたいと思います。 ありがとうございます。

ryuka

性能から考えるとwindows2000がとてもよさそうですね。
セキュリティソフトは私も用途に合わせて必要な機能しかオンにしていません。
(メールを使わないマシンでメールチェック機能はいらない・・・webメールな生活の人はもっと気にする必要がないです)

あと、せっかく快適にあったのですから「システムリカバリ」の高速化もつけておくといいかもしれません。

つまりディスクイメージツールでこの美しくも早い状態を取っておけば、ソフト・ハード的な故障時の復旧も高速化、いざというときの頼れる御父さんの地位はさらに確固たるものになるとおもいます。

ryukaさん
>「システムリカバリ」の高速化もつけておくといいかもしれません。

 確かに、何かあったときに、再度この状態に戻すのは、難儀ですからね。 故障でなくても、いじくり過ぎた場合なんかにも。

 さっそくやってみます。 お父さんの地位向上にご協力。 ありがとうございました。

ex

おおたさん
>Windows2000は2007年7月1日よりサポートの「延長フェーズ」の「3年目」に入り、
>セキュリティパッチの提供はWindows Updateからではなくダウンロードセンターからのみとなっているはずですが

結構前にこの方針は転換されています。

マイクロソフト サポート ライフサイクル
セキュリティの更新プログラムについて
>セキュリティ更新プログラムは、メインストリーム サポート フェーズ、
>および延長サポートの期間(利用可能な場合)は、Windows Update より提供されます。
http://support.microsoft.com/lifecycle/#updates

や、
Windows HotFix Briefings ALERT 2007/04/16
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/hotfix/hfb20070416/hfb20070416_03.html

■延長サポート期間のセキュリティ修正プログラムの提供方法が変更される

などを確認するといいと思います。

個人的には、PentiumM1.6GHzで768MBもメモリ積んでるノートなら、サスペンドやハイバネーションなどの設定をきちんとした上で、XPにするほうがいいと思っています。

理由はいくつかありますが、先に述べたサスペンドやハイバネーションがXPの方が確実に動作して、かつ速いこと、マルチメディア系コンテンツへのアクセスがどうしても2000だと制限されること(WMPが9までしか利用できないこと)、iPod使うならiTunesの最新版がXP以降しか使えないこと……のように、そろそろいろいろ動かないソフトが出てきつつあること、ウェブブラウズにIE使ってるなら、さすがにIE6SP1よりもIE6SP2の方が堅牢であること、などです。これらを全部切り捨てていいなら、まぁまだしばらくは2000でもいいかもしれません。

exさん

サポートの情報ありががとうございます。 もう一度Windows Updateを設定してみます。

>PentiumM1.6GHzで768MBもメモリ積んでるノートなら、
>サスペンドやハイバネーションなどの設定をきちんとした
>上で、XPにするほうがいいと

 え、メモリ最低1GBないとXPはまともに使えないと聞いたことがあるのですが、大丈夫なのでしょうか?

ex

>え、メモリ最低1GBないとXPはまともに使えないと聞いたことがあるのですが、大丈夫なのでしょうか?

Vistaじゃあるまいし、XPはそこまで大食いじゃないですよ。
IEで5枚くらい開いて、Excelで結構大きいファイル開いて、Outlook開いて、300ページくらいあるPDFを開いてもPF使用量で500MBに達してないんですから。このマシン実験用なんで、いろいろやくたいもないものが後ろで走ってるはずなんで、普通のマシンならもっとメモリ食ってないはずです。

exさん

 失礼しました。 なぜか(思い込みで)”XP”をVistaと読み、VistaのつもりでXPと書いていました。

 確かにXPにするという手はありますね。 2000でもう少しやってみて、不便が出てきたら、XPにバージョンアップしたいと思います。

コメントありがとうございました。

XPはメモリ512Mあれば取り敢えずはホームページ見たり、WORD2000使うくらいなら問題なく動きますよ。
ただ、普通のパソコンユーザーはSP2やSP3入れて、セキュリティソフト入れた上で、DirectXのゲームやOffice2007を動かすので、1Gないとまともに使えないというのは正しいです。
(昔使っていた 1.73Gのメモリ768MのXPと、1.6Gのメモリ512Mの2000比較すると明らかに2000の方が軽かったです)

ただ、全体的にもっさりしてるんですよね。
不安定だし。

> IE6SP1よりもIE6SP2の方が堅牢

ともいえないのが難しいところです。
セキュリティ設定が多いので堅牢ともいえるのですが、機能が増えた分、逆に穴も多いんです。
セキュリティパッチについては、SP1も出てるので、ユーザーが気をつけていればほとんど差異はないですね。

黒翼猫さん
>機能が増えた分、逆に穴も多いんです。
確かにそうかもしれません。正直、設定がよくわからない部分もあります。
 「黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition」を読ませていただきました。とても参考になりました。時々おじゃまします。
 ありがとうございました。

はあ?

この程度ので専門家気取りはやめていただきたいです。
「コラボ」「web2.0」、どれもジジイが知ったかぶって使いたがる言葉。
この記事の内容も素人レベルで、こんな人たちが「エキスパート」みたいな顔しているから、コンピュータ業界がうさんくさいイメージを被っているのよ。

はあ?さん

 コメントありがとうございます。1年以上前の記事にコメントいただきうれしく思います。

>「コラボ」「web2.0」、どれもジジイが知ったか
>ぶって使いたがる言葉。

そうですね。コラボもWeb2.0も、もうブームではありませんしね。でも、ジジイはこれらの言葉はあまり使わないんですよ。

>この記事の内容も素人レベルで、こんな人
>たちが「エキスパート」みたいな顔している
>から、コンピュータ業界がうさんくさいイメー
>ジを被っているのよ。

失礼しました。おっしゃるとおりで、私はマシンのチューニングやOSの専門家ではありません。私のブログは比較的にITが苦手のお父さんを対象としていて、この程度の記事を求めている人も沢山いるようなのです。

 でも、専門家気取りに見えるのであれば、少し書き方を考えなくてはいけませんね。今後もご指摘よろしくお願いします。

sage

12:14 - 12:24 インターネットカフェ(デルガマダス)

Kitty

記事楽しく読ませていただきました。また、リンク先が役に立ちました。私は最近DELLのPen4 3.0GHz機をXpからWindows2000にダウングレードしました。XpはPen4 3.0GHzでも重いのです。動作が軽くなりコンピュータらしいよい動きになりました。
 XpやVistaはパソコン初心者に販売するために設けられた共通不要ソフト(OSという共通ソフトに反するもの)が多すぎます。Xpでまず最初に行うことは共通不要部分を停止させることであることに多くのユーザーが激怒したため、VISTAが全く売れなくなったのでしょう。
 Xpの不要部分を削除してもWin2000の軽快さにはかないません。セキュリティ上の問題は、ネットにルータを介して接続することと、Avastなど無料ウイルスソフトで当面は大丈夫だろうと思います。Win2000はシステムが小さく、ハードディスクを取り出してUSBでつなぎ、すべてのファイルをコピーしておけばシステムの復元も簡単にできるのが良いところです。

Kittyさん
>動作が軽くなりコンピュータらしい
>よい動きになりました。

お役に立てて何よりです。

>Win2000はシステムが小さく、ハードディスク
>を取り出してUSBでつなぎ、すべてのファイル
>をコピーしておけばシステムの復元も簡単に
>できる

 確かにそうですね。私も早速バックアップディスクと共にUSBに落としておくことにします。

 コメントありがとうございました。

まさ

はぁ
↑コイツ
に返事つけているところに吉田さんの人柄の良さを感じる。こんなの無視か削除でいいよ。
 
さて、オレは専門家でありエキスパートだが。
とても的を得ている記事だと思うね。素人さんでもマニアさんでもどちらでも良い。正しい目を持つことだ。XPもイラネ。
 
Windows7なんか出ちゃって、また新しいwindowsで動作検証しなきゃならんと思うとめんどくさいと言ったらありゃしない。聞くところによると史上最低のクソ糞OS、Vistaの焼き直しらしいからまあ自分が使うことはないだろう。
 
×新しいパソコンなら快適に動く
○新しいパソコンなら2000はもっと快適に動く
 
2000いいね。今でも当然ながらメインは2000。ついでにクライアントも2000一択。XPの機能を削って軽くすると2000と同じぐらい快適に動く?はじめから2000でええじゃないか(笑)
2000はベータから使い続けて10年だ。安い買い物だった。
 
アクティブデスクトップもいらないな。ieはサブブラウザにしてoutlookはいらない。firefoxとthunderbird。
 
しかしcpuコアが増えてきて2000 proもそろそろ引退。痛いなぁ。

まささん
 コメントありがとうございます。
 Firefoxはブログエディターとしても使え、とても重宝しています。
 Thunderbirdに関しては、非常に評判がいいので使いたいと思っていますが、自宅も会社もNotesを使っているので、、、、。 できれば、使い分けて行きたいと思っています。
 これからも、コメント、ご意見よろしくお願いします。

セナーニャ

はじめまして!今更Win2000を使い始めたセナーニャと申します^^
ずっとXPユーザーでしたが、、、、2000良いです、好きになりました!
1.2GのPen3に512MBのメモリで十分にOSが軽快ですし、趣味と仕事上で、どうしても使わなければならないソフト(主にPhotoShopですが)との互換性の幅が広いです。
何よりコンピューターとして明確ですね!(MSのOSとしても)

Core i7とはまではゆかなくとも、DuoもしくはQuadを積んだ2000というのを体感してみたいです^^

セナーニャさん

コメントありがとうございます。

>何よりコンピューターとして明確ですね!(MSのOSとしても)

 これは、本当にそうおもいますね。

>Core i7とはまではゆかなくとも、Duoもしく
>はQuadを積んだ2000というのを体感して
>みたいです^^

 おー。私は現行のパソコンのままで、Dos v5でどこまでやれるか試してみたいと思っています。
 わりといけると思っているのですが、対応ソフトがどの程度あるかを時間にあるときに調べたいと思います。

tabo

専門家気取りには、ぜんぜんみえませんでしたが、私もwin2000は大好きです。AMDのK6プロセッサーを400Mや500Mなどにとっかえひっかえしてた頃にwin2000だったし、プロダクロキーも一個あれば良かったし今のマイクロソフトの商魂たくましさは、、。
 残念なのは、ソフトを作る側がwin2000未対応が多いことですね。みんなセキュリティ、セキュリティってうるさいですが、それ以前にvista以降のOS(vista含む、7,8)でソフトが応答してませんとかメッセージが頻繁に出てきたり、その時、画面がしらっちゃけてPCがなにもいうことをきかない状態になることにはなにも感じないのかなーって感じです。
 win2000はそんなのなかった!(ときたまフリーズはするけど、Linuxだってそれはあるからね・・・)win2000は何もないシンプルさが良かった(必要なソフトは自分で入れる!)XPもよけいなものが多くてうざかったです。仕事上しゃーなしなし7や8入れてるけど、2~3台はwin2000入れて使ってます。メモリーも今のバカOSみたいにいっぱいくわないしCPUクロックも500Mくらいでも結構動いたし、個人的にはDualやQuad CoreのCPUでないとまともに動かないOSはひどいと思ってます。だってOSですよ。アプリケーションじゃないんですよ!

コメントを投稿する