オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

煮込んで刻んで食べていたのが、入れ歯にティッシュコンディショナーを貼ったら普通の食事が出来るようになった症例

»

「野菜も果物も全て時間をかけて柔らかくなるまで煮こんでます」
「外食店ではハサミを借りて細かく刻んでいるんです」
 80代男性のMさんは入れ歯のせいでそんな不自由な生活を強いられていました。普段は大丈夫なのですが食事をすると痛くて噛めないのです。

 入れ歯を見るとかかりつけの歯科医院でも対策を施してくれていました。入れ歯と歯グキが接する面に薄くプラスチックを盛り足して適合させる治療法で当院でもよく行なうやり方です。
 ただ残念なことにそれでは不十分な場合が多いのです。あと一歩、目に見えないほどの誤差を修正する必要があります。

 そんな時に活躍するのがティッシュコンディショナーです。弾力のある膜が薄く広がり、部分的な痛みを取り除いてくれる歯科専用の素材です。弾力が長持ちして歯グキの調子を整える作用もあるすぐれものです。
「あっ、ピッタリ吸い付くような感じになりました」Mさんも違いがすぐに分かったようです。

 後日、以前のように食事ができるようになったと電話で報告してくださいました。今回はまず下の入れ歯だけ治療しました。次回は様子を見て上の入れ歯も同じ治療を行おうと思っていたのですが、結果的に調子が良くなったので1回の治療だけで済みました。

 今回行なったMさんのティッシュコンディショナーを貼る治療は保険適用で約1,500円でした(治療費は症状により個人差があります)。

いとう歯科医院ホームページhttp://www.ireba-ito.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する