オルタナティブ・ブログ > 穂苅智哉の Webビジネス!日進月歩 >

文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

UBERのタクシー会社提携

»

こんにちは、穂苅(@tomoyanhokarin)です。

東京は3連休いい天気で、花粉がピークみたいですね。
街を歩くともう鮮やかな桜が咲いていました。

本日は、
UBERが東京オリンピックのためにタクシー会社と提携を探っている
についてです。

lexi-ruskell-G8wPrJyNqWQ-unsplash.jpg

UBERは皆さん使ったことありますか?
僕は1度だけ使ったことがあります。
タクシーよりも高級感があって乗り心地もとても良く驚いた覚えがあります。
(値段はタクシーよりも高かったと思いますが。)

UBERは2019年に第一交通産業と戦略的パートナーシップを締結していたりと日本でも提携を進めている企業です。

2019年5月10日に新規株式公開(IPO)を実施して上場をしています。

そして、この間のソフトバンク孫社長の第3四半期決算発表ではソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資不調が話題になったことも新しいですね。

とはいえ、株価を見てみるとここ数ヶ月で上がってきている事もわかります。

UBER EATSでも労働問題として、
配達員が店で商品を受け取った際の受け取り料が300円→265円に引き下げられたり、
受け渡し料金が170円→125円に引き下げられたり、
距離報酬が1キロあたり150円→60円に引き下げられたり
しているようで問題はたくさんありそうです。

そんな中で、東京でタクシーとの提携により、ユーザーにとってはより使いやすくなっていくのであれば良いことです。 コロナウィルスの影響がどの程度になるのか、不確定な部分はあるとはいえ、オリンピックに際してのタクシー需要は確実に増えるため、特に東京にいる人は使う可能性が大いにあります。

タクシーとしては、JAPAN TAXIやMOVはアプリもあり配車サービスとしてユーザーにより使いやすくなっているのですが、それ以外のタクシーは結局タクシー乗り場で待たなければならなかったり、昔ながらに電話してみて「今はいっぱいだから無理」と断られたりしながら探すしか無いという状況は変えたいです。。。

電話してタクシーは東京よりも地方だとそれしか選択肢が無いわけですが。。。

テクノロジー企業のノウハウや技術を取り入れて配車サービスもより良く進化していく未来が来ること、そしてそのキッカケが東京オリンピックであるというのは望ましいことです。

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントをごらんください!
※Facebookの友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えていただけるとありがたいです(^^)
※Twitterのフォローはお気軽にお願いします(*^^*)

Facebook
https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter
https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する