オルタナティブ・ブログ > 穂苅智哉の Webビジネス!日進月歩 >

文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

8月の猛暑を乗り切る「山査子」

»

sick_atsui_man.png 最近一気に暑くなってきました。いや、熱くなってきました。
梅雨の長いトンネルを抜けるとそこは熱波であった。という具合です。

皆さんは夏バテは大丈夫でしょうか。
流石にこの暑さだと外に出ているときに「俺、本当にこんな状況の外に出てまでやることあったっけ。。」とふと思ってしまい、なんだか意味がわからなくなってきます。

大正製薬のサイトには、『栄養補給で乗り切る 夏の疲れ』というページがありました。ビタミンBやミネラル、タンパク質が不足しがちなようです。
(参考)https://www.taisho-direct.jp/simages/contents/products/food/supply/

そんな中、ふと出会ったのが山査子です。
僕は今年は山査子で猛暑を乗り切ろうとしています
山査子はサンザシと読み、バラ科の果物です。中国から日本に渡ってきた果物で、生薬や酒、ドライフルーツに加工されることが多いです。

435477953cd2c8b7474f289bef3b7ab6_m 3.jpg

この山査子、僕はドライフルーツで食べていますがかなりのおすすめです。
というのも、食物繊維、ビタミン、ミネラル、カテキンなど様々な栄養素が入っており体の調子を整えてくれたり、コレステロールの吸収を抑制してくれたり、抗酸化作用があったりとまさに至れり尽くせりと言ったところです。
また、女性に多い冷え性対策にもなるようなのでクーラーの寒さが辛い(´;ω;`)ときにも有効です。

また果実のままだとかなり酸っぱいらしく砂糖と混ぜたドライフルーツにするのにとても適しています。

山査子(Amazon)
https://amzn.to/2K8F489

スーパーや成城石井のようなところで買うことも出来ます。

ドライフルーツで気をつけないといけないのは、漂白剤や保存料ですが山査子のドライフルーツは基本的に山査子と砂糖で作られるので安心できます。

実際に僕も山査子食べていますがこの酸っぱさが妙にやみつきになってしまい更に体にいいという状況です

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する