オルタナティブ・ブログ > 穂苅智哉の Webビジネス!日進月歩 >

文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

2019年8月1日 【フューチャードスニッペット】アルゴリズムアップデート

»

2019年8月1日にGoogleが発表したブログの内容によると、
検索ユーザーが本当に知りたい情報について、Googleが正確に提供できているのか
という部分を解消するための一つのアルゴリズムとして「ヒューチャードスニペット」をアップデートし、ユーザーがより使いやすい検索となるようにしたと発表しました。

もともとGoogleでは「ヒューチャードスニペット」を実装しており、検索クエリ(検索するワード)に対しての答えを直接検索結果を出す仕組みとして現在のGoogle検索においても我々ユーザーが享受しているものです。

ヒューチャードスニペットの例

実際に検索結果から見てみると、通常の検索よりも明らかにヒューチャーされて表示されているものがあればそれです。

「台風」と検索すると現在の最新の日本に近い台風情報が一番上に表示されます。
スクリーンショット 2019-08-04 15.09.53.png

「お盆」と入力すると、今年のお盆のスケジュールが表示されます。
スクリーンショット 2019-08-04 15.07.32.png

Googleさん曰く

ヒューチャードスニペットの詳細については、ググってもらうとして今回はGoogleのお考えを記載していきます。

システムがよりよく検索を理解するため

検索の中核は言語理解で、システムというのは人間が行っているような自然言語処理はしていません。例えば新しい情報が必要なワードもあれば、普遍的なもので権威ある組織が公表している情報が望ましいワードもあります。さらにWeb上の検索コンテンツは日々変化していきますし、ワードに流行り廃りもあります。
そこの差分を埋めるような開発を続けているとのことです。

こういうところをトコトン追求していくというのも巨大企業Googleの強み何だなと思いました。

(参考)
Finding fresh, helpful information through featured snippets

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントを御覧ください!
※友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えておねがいいたします。

Facebook
https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter
https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する