オルタナティブ・ブログ > オルタナティブ☆ハシモト >

橋本正徳の非営利な活動を報告します

サンフランシスコのコワーキングスペースで仕事してみた

»

コワーキングスペースについてちょっと書いてみる。僕自身、かなり興味があり、なんならオーナーになってみたいと思ってるくらい。でも、まぁ、友人達がやっているので、バーチャルで体験しておけばいいかな?といった具合。
さてさて、これから、コワーキングスペースについて書くのだが、サンフランシスコのコワーキングスペースについては、以下の記事が参考になるので、ここを読まずに、他の方が書いたのを読むっていうのがお勧め(笑。

Img_4502

日本生まれのインターネット関連サービスの海外進出」で書いた通り、今年の8月の頭に、イベント出場のために、シリコンバレーへと行ってきた。その後、サンフランシスコに移動し、業務時間はコワーキングスペースで仕事をしていた。時差の為、ミーティングは、夜、ホテルからになったが、その他のことは、コワーキングスペースにて行った。お邪魔したのは、Citizen Space。そこで感じたことなどを、つらつらと。

多くの無料サービス
フリーミアムというか、コワーキングスペースは無料が溢れている感じがした。まずは、初日無料というコワーキングスペースを結構見かけた。コワーキングスペースは結構な数あるので、1週間滞在するのであれば、いたるところのコワーキングスペースを渡り歩けばよさそう!とまで考えた。多分「お試し」の意味合いで無料なのだろう。有料だと、1日10ドルから20ドル。
Citizen Space では、コーラなどの缶ジュース、ベーグルなどの軽食が無料(使用料にインクルードされてるだけかもしれないけど)。最終日には、僕がいたからか「インターナショナル・デイ!」といって、管理をやっているっぽいTobyさんが昼飯をみんなに作っていた。無料。無料のからくりは、各種企業からのスポンサード。想定だが、スポンサーは、こういうワーキングスペースに協賛することにより、リクルーティングや、投資先のリサーチなどを期待しているのだろうと思う。

Img_4504

スタートアップが沢山いる
新しいアプリケーションやサービスを作ろうとしている人がほとんどのように思えた。iPhoneアプリなんかが多そう。特に秘密っぽくしゃべってる風でもなく、オープンに話している雰囲気があった。そもそもこういう場所を作業場所として選択しているのだから、基本的に、中で作業している人はオープンマインドなのだろう。もし、自分がスタートアップで、アプリを作っているような類いの立場であれば、すごく楽しい場だっただろう。とにかくスタートアップがウジャウジャいる(笑。コワーキングスペース1カ所にシードステージのスタートアップが何社かいる状態。いったい、サンフランシスコにはどれだけスタートアップがいるんだ?と考えたら、ワクワクするのと同時にゾッとした。
僕がいたときは、ぶらっと投資先を探している人が来たり、なんだか、テレビメディアっぽい人が休憩の為に立ち寄ったりしてた。

Img_4559

ホスト役が構ってくれる
サンフランシスコで体験する前から、コワーキングスペースのホスト役って、かなり肝なんだろうなと想定していた。コワーキングスペースを使う目的としては、場所の確保もさることながら、スタートアップ同士のコミュニティー形成や、情報の流通などが大事で、その営みを活性化するのが、ホスト役であると思っていたから。確かに、ホスト役をやっていたTobyさんは、非常に気さくで、よく話しかけてきてくれた。「日本の企業で、cacoo.comをやってるよ!」っていうと「おー!cacoo.com!」と良い反応をしてくれた。どうやら、ここで、以前うち(株式会社ヌーラボ)のCacooのマーケティングチームが、Meetupをしたから、覚えてくれていたようだ。また、ちょうどCitizen Placeに訪れたTwitter社で働いてくれている方を紹介していただき、偶然にも、Twitter社へと訪問もできた。これは、「超偶然だ」と現地の方も言っていたが、まぁ、そういう出会いをエスコートしてくれるのが、ホスト役だった。

Img_4495

さらに、うちでやっているタスクマネージメントツール「backlog.jp」のステッカーを渡した翌日、トイレに貼っててくれた。結構気に入ってくれたみたい!

Img_4546

コワーキングスペースだけでは普通である
日本でもコワーキングスペースってのは、流行っているし、福岡にもAIP cafeがあったり、他にもいくつかコワーキングスペースが立ち上がっている。すでに、コワーキングは、目新しいものではなく、普通であると思っていいくらい。
観察した結果、起業のコストが安くなり、横の繋がりが重要視されてる今、スタートアップをインキュベートする仕組みが徐々にコワーキングスペースのような形態に変わってきたんだな、という印象を得た。スタートアップが使う環境としてのコワーキングスペースという意味では、シリコンバレーのようなスタートアップを成長させるライフサイクル、エコシステムがそこにあるかどうかがポイントになり得る。日本においては、それが「他のコワーキングスペースにはない新しさ」になるかな?と思った(あと、ホスト役ね)。もし、僕がコワーキングスペースをやるとしたら、その辺の仕組みを考えるのに注力するなぁ・・・と、脳内でシミュレートしてみた。でも、コワーキングスペースをただ作るだけでも大変なのは、非常に良く分かっている(笑。

Img_4545

僕は働きやすかった
落ち着くプログラミング環境が「地下鉄」もしくは「駅」という僕には、会話など程よい雑音もあるコワーキングスペースが働きやすく感じた。ときどき、イベントもあってるようだし、出会いがいっぱいありそう。

Img_4483

事務所はいらなくなる?
「事務所はいらなくなる?」という話題をよく耳にするけど、それは無いな・・・と思った。やはり、そこそこの規模になると事務的な機能は必要で、それが個人のみで行われるようなことは少ない。お金の面での工夫の為にコワーキングスペースを使うことはあっても、身近な目標で「○○に事務所を構えたい!」という人は多く存在するようだ。当然と言えば、当然か。しかし事務所を作った場合でも、横の繋がり、コミュニティー形成となどが重要というスタイルは変わらないようで、そこで、「ミートアップ」が、企業内で行われることがあるのだろうと思う。ミートアップについては、別で触れようかな?と思う。いずれにしても、コワーキングスペースにいるのは、シードなステージのスタートアップで、その後は、当然事務所を得るのだと思う。もしくは、併用とかがあるのかな?
あ、そういえば、事務所があったとしても、週のうち3日だけが出勤日で、それ以外は、自宅やその他の場所で仕事をするというワーキングスタイルが多いようにも感じた。その場所にコワーキングスペースを活用するだろう。事務所機能が変わってきているのかもしれない。うちでも、参考にしたいな。

Img_4503

以上、またまたコワーキングスペースについて書いてたけど、なんだか、着地地点が分からなくなった感じで、このエントリを書き終えたい。難しいね、ブログ。まえの「日本生まれのインターネット関連サービスの海外進出」は、そこそこ知り合いに好評で、続けて書いてみた。また、誰かが喜んでくれるのであれば、書いてみようとおもう。

なにか、質問などあれば、コメントでやり取りしましょう。
ではでは。

PS. 福岡で2011年の9月に「GuildCafe Costa」というワーキングスペースを @ggaoki が大名に開店する。大変楽しみ。

Comment(3)

コメント

ggaoki

がんばります!

aqbui

場所/グループ/勉強会に単独乗り込む時はやっぱり緊張するし思った以上の成果があげれない事が多いので、作業場所を選ぶのは黙々と作業しやすい所を選んでしまいがちになるんですが、ホスト役がいるとまた違うのかなー。

> ggaoki
おじゃましたいです!

> aqubi
ホスト役は、人と人を繋ぐ働きをするので、黙々と作業するなら、また違う話かもですね。集中して作業する時間、ちょっとにぎやかになる時間が、勝手に出来てる感じがします。なんて言うか、同調効果?そんな感じで。

コメントを投稿する