オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

【音ガ同】一堂に会したお手軽シンセたちに感激

»

 【音ガ同】(音楽ガジェット同好会)。佐々木さんが略称を提案されているので、それにのっかってみます(笑)。

 佐々木さんのCMパンチオフィスに集まったのは、佐々木さん、妹尾さん、今泉さん、玉川さん、ばんちょー、そしてわたしの合計6名。さすが音楽家のオフィスだけあっていい音で気持ちよくセッションをすることができたのでした。

 今回はなんといっても新旧音楽ガジェットが非常に豊富で、覚えているだけで列記すると次のとおり:

・学研SX-150×3(佐々木、妹尾、松尾)
・KORG DS-10×2(今泉、松尾)
・KORG KAOSSILATOR(松尾)
・iPhone 2G with PaklSound1(松尾)
・iPhone 3G with BeatMaker(松尾)
・iPod touch with Band(佐々木)
・エアギター(玉川)
・エアドラム(玉川)
・YAMAHA CS-01(妹尾)
Mix Me DJ(妹尾)

 佐々木さんが用意してくれたループをACIDで流しながらフリーフォームな演奏をしていったわけですが、個人的に一番盛り上がったのは、Eキー、100BPMのエレクトロなビートに、こちらがブルースセッション向けに用意した、がくっぽいどのボーカルループをかぶせたとき。

 わたしが用意したのは、iPhoneのサンプラーソフトBeatMaker向けに作ってあった16個のループ。以前、鏡音リンACT.2で作ったCrossroad Blues用のVSQデータを、がくっぽいどに置き換え、フレージングを多少変えたものです。

【ニコニコ動画】鏡音リンACT2とDS-10とiPhoneで共演してみた

 ロバート・ジョンソンのCrossroad Bluesの歌詞を分解して、16個のボタンに割り当てたんですが、ブルースじゃないバックにもけっこうあいます。その場合、正しい歌詞の順番じゃなくて、「Ah」とか「Down」「Fell」「Crossroads」といったフレーズをバラバラに再構築するといい雰囲気になるんですね。これはよい発見でした。

 妹尾さんのCS-01は、わたしも持っていた、ヤマハの電池式軽量モノフォニック・アナログシンセサイザーで、わたしのがグレイなのに対し、妹尾さんのはブラック。中学生のときのものだそうですが、ちゃんと弾けます。エフェクターのおかげもあって、ぶっといいい音でした。今度はハワード・ジョーンズでもやりましょか。

 いまになって反省してるのは、せっかくSX-150が3台もあるのに、その合奏をやらなかったこと!

関連記事:
【音ガ同】初宴会に思う、コラボレーションワークのトレーニングに音楽セッションは最適だ!
【音ガ同】音楽ガジェットはプレイヤーの障壁を下げ、より身近な癒しへ
【音ガ同】ウニャウニャ広がる楽しいの連鎖
【音ガ同】「もしかして、音楽ガジェットってキテるの?」超個人的な感想と、その代わりの三部作
【音ガ同】DS-10でへなちょこ参加のてんまつ

Comment(6)

コメント

どもどもお疲れ様でした。
ガジェットセッションは皆自分の手のひらに集中してしまうので、周りの様子を伺うところまで余裕を持てるまでは訓練つむのがそれなりに大変そう(苦笑)

>いまになって反省してるのは、せっかくSX-150が3台もあるのに、その合奏をやらなかったこと!

松尾さんの「吹けよ金、呼べよマネー」にはとっても感心しているのですが、3台の合奏だとどんなネタになりますかね?

もしかしてスチールペダル系ってことででハワイアンとか?(笑)

koya

いやいや、佐々木さんの気配りがあったからこそ成立したと思います。ループの選択やらたいへんだったと思いますが、うまくいきましたね。次はさらに躍進できそうです。
偽ピンク・フロイド、恐縮です(笑)
フレーズが簡単なスチールペダル or スライドのいい曲ってないですかね。ハワイアンかあ。ばんちょーが踊ってくれそうなのでいいかも。

お疲れ様でした!
>いまになって反省してるのは、せっかくSX-150が3台もあるのに、その合奏をやらなかったこと!
本当ですよね~。ちなみに、合奏ができるよう、chインプット数を稼ぐグッズをさらに導入中です。
ハワイアンか~、全くまともに聴いたことが無いので、それはそれで興味があります~。名がされてみたい~。

koya

おお。さらにミキサー系充実されるですか。それは心強い! じゃあ、次はまだ組み立ててないもう1台のSX-150を追加します(笑)

koyaさん、カオシレータとテノリオン(ソフト)に感動しました。DS10 は、まだ私には難しいのかもしれませんが、シンセ系、勉強してみます。週末、友人宅でM-1のソフトモジュールやら、ループ系のソフトをいじっていました。グルーブを創る、という視点でも、本当に時代は変わったんですね。大変勉強になりました。またいろいろ教えてください。よろしくお願いします。

koya

NewTamaさん、エアードラム、すごくうまかったですよ。本物のドラムもぜひ聴いてみたい。グルーヴという意味だと、いまはまさにドラマーの時代ですよ。また次回、いっしょにやりましょー。

コメントを投稿する