オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

iPodがAmazon Kindleを駆逐する日

»

 AmazonのKindleが出ました。わたしの耳には「キンドー」と聞こえます。マカロニほうれん荘にでてきそうですよね。

 Amazonは、自分のストアと一体化させたデバイスがほしいようです。そのためならなんでもやるといった感じ。よほどiPodがうらやましいんでしょうね。

 Apple Insiderには、まさにそのような記事が書かれていています。たしかに1冊9.99ドルという価格はiTunes Storeのアルバム1枚に相当します。価格も初代iPodと同じ。

 じゃあ、Appleはどうなのよと振り返ってみると、実はあと2、3手を打てば、電子書籍の販売は始められる状況にあります。というか、ある種の電子書籍は既に売っています。

 iTunes Storeでは、音声のみではありますが、Audibleと提携し、オーディオブックを販売しています。このモデルは日本でも既に成功しています。Kindleの初期ラインアップは9万タイトルですが、オーディオブックも2万5000タイトルはあります。

 PDFベースの電子書籍も既に、商品の一部に組み込まれています。アルバムに付属するデジタルブックレットはPDF形式で配布されており、アルバムを購入すると、そのままダウンロードされ、PCで見ることができます。

 iTunesはだいぶ前からPDFを管理できるようになっており、iTunesのポッドキャスト機能を使って、PDFの配布まで行なえるようになっています。iPhoneにはPDFビュワーも付属しています。機能的には不足していますが、拡張はされていくでしょう。

 ボイジャーは、iPod touchで青空文庫やコミックを見ることができるような機能を持つT-Timeを販売しています。コミックビュワーとしてのiPod touch/iPhoneは実にすばらしいので、動画で確認してください。

 AppleがAmazonに本気で対抗しようと思ったら、わずかの手間でできるわけです。たとえば、

・既にオーディオブックでつきあいのある出版社からPDF版のライセンスを得る
・iTunes Wi-Fi Storeに電子ブックのコーナーを設ける
・ちょっと大きめの画面を持ったiPod touchかMacBook touchを作る

といったことは既存の技術やビジネスの延長で可能です。

 できるからやる、というのではないかもしれませんが、少なくともその準備はしていたのではないかと思います。

関連記事:
焚きつけにはならんと思う――AmazonのeBookリーダー
Kindleと、かつてのSONY vs. Apple
アマゾンの電子ブックは「グーテンベルク以来の大発明」か
メディアとしての Amazon.com
書籍の世界に革命が起こった-Kindleの紹介ビデオを見て
[WSJ] Kindleは「電子書籍のiPod」になれるか?
Amazon、ワイヤレス機能つき電子書籍リーダー「Kindle」発売
[WSJ] Amazon、電子書籍リーダー発表へ

 以上、Kindleが日本では使い物にならないことにがっかりした松尾でした。買うつもりだったのに……。

追記:Forbesも同様の記事を書いていました。

Kindle Versus The iPhone

Comment(4)

コメント

しまった、マカロニほうれん荘に反応してしまった。。。w

nesuke

肝心なインフラを無料化っていうのはどうするおつもりなんでしょうか?

koya

ookiさん、反応があってよかったです……。
nesukeさん、インフラ無料化ってのは、Wi-Fiネットワークをそのまま使う、とジョブズは主張すると思いますよ。「ホットスポットの数は書店の数より多い」とか「iPhoneなら電話もいっしょに使える」とか「Wi-FiならメールやRSSで料金はとらない」とか言いそう。

takeshima

外人に話すときは「キンドル」って言ったほうがよいみたい。「キンドー」に聞こえるのは日本人耳でLが抜けてるらしい。(細かい話ですんません)

コメントを投稿する