オルタナティブ・ブログ > 中村昭典の気ままな数値解析 >

●人、●%、●億円…メディアにあふれる「数値」から、世の中のことをちょっと考えてみましょう

【87.6社】 優秀な学生を採用するために選考を重ねることが、優秀な学生を育む機会を奪っているという矛盾

»

 さすがに就活ピーク時期ということもあって、大学内でスーツ姿の学生を見かけることが普通になっている昨今。先回も紹介した株式会社ディスコの調査で、「5月1日現在の一人あたりのエントリー社数平均は【87.6社】」という結果が出ていますが、このままでは100社を突破するのも時間の問題かもしれません。就活の負担は、学生に相当重くのしかかっています。
 
 そんな中で今週、ある学生の就活相談を受けた後で、彼がつぶやいた言葉が妙に耳に残っています。
 

 「エントリーシートを出すまでが長いんです」
 
 彼の言葉の意味は、仮に応募したい企業があって、そこに申し込もうと思っても、エントリーシートを出すまでに「仮エントリー」「プレエントリー」といった関門が設けられており、そこでは「WEBテスト」「質問会」「会社説明会」などがあり、それを経ないと応募すら受け付けてもらえないということらしい。説明会への参加すら順番待ちとなる企業も続出しているようです。
 
 応募前に企業を知る機会が提供されることは、学生にも大きなメリットがあります。また企業側から考えても、応募の前にその企業を知る機会を提供することは正当な手続きであり、「無意味な応募」「とりあえずの応募」「考えてない応募」を減らすという意味でも、正しい手法なのかもしれません。また増え続けるエントリーシートへの対応として、そこに至る前に絞り込む関門を設けるというのも、理解はできます。ただ、これはまだ選考の入口の話なのです。
 
 やっと入口を通過できたら、その後はエントリーシートや履歴書を提出して書類選考を受け、次に筆記試験や適性検査を経て、事前選考が完了となります。その後やっとグループ面接、社員面接、管理職面接、重役面接といった面接何重奏に辿り着く…みたいなのが最近の就活プロセスだと聞くと、そりゃ本当に大変だという思いがこみあげてくるわけです。
 
 バブル崩壊後、にわかに使われ出した「厳選採用」というフレーズ。企業が求める人物に合致した学生を、多種多様な選考方法を重ねて、じっくり選び出す。そんな流れが加速しているのが昨今で、最終的に内々定が出るまでには数ヶ月かかるという企業も少なくないようです。それはそれで筋は通っている話なのですが、しかし、です。
 
 本当にそんなに何度もの選考が必要なのでしょうか。選考方法に矛盾や無理はないのでしょうか。それほどまでに工数をかけないと、必要な人材の選考ができないのでしょうか。工夫の余地はないのでしょうか。
 
 ::: ::: :::
 

ただそれにしても、今の新卒採用は、企業も学生も、大量の時間を費やしすぎている。学生を見極めるのに、いったい何度のプロセスが必要なのだろう。「数をこなせば力がつく」と学生に言わしめる面接って、何なのだろう。less than a minute ago via web

   
 これは株式会社ディスコ調査広報室長である前岡巧さんのつぶやきです。上述したような長期に渡る選考プロセスは、さすがに学生にも企業にも負担が大きすぎるように見えるのではないでしょうか。どう考えても、学生生活の半分が就活期間になりかねないような今の状態は、さすがに尋常ではないと思ってしまうわけです。現状のままでは、失うものも大きいのではないでしょうか。過度な負担は、学生のエネルギーを奪い、自分に合った会社を仕事を探そうという気力をも奪ってしまいかねません。

 そうした精神論でなくても、たとえば採用活動という企業活動に、生産性という視点はないのだろうか。「厳選採用」という御旗の前に、生産性という考え方はタブーなのでしょうか。
 
 そして最も大きな疑問は、企業は優秀な学生を採用するために選考を重ねているはずなのに、あまりに長すぎる就活期間が、学生本来の学業はもちろん、学生ならではの経験や挑戦をする機会・時間・エネルギーを奪ってしまい、結果として優秀な学生を育むことを阻害しているのではないか、ということ。今のままの採用活動を続ければ、企業は自らの首を絞めることになるのではないかと。

採用したいと思うような真面目な学生ほど、学生生活の前半は単位取得に励んでいますよ。学生らしい体験もこれから、卒論のタイトルすら決まっていないという段階で、彼らに面接で「学生時代に最も力を注いだことは何ですか」と質問して、果たして意味があるのでしょうか

 これは拙著『親子就活』執筆のための取材で、ある人事担当者から聞いた話です。採用現場の人間も同じ悩みを持っているということでしょう。
 
 長くなりました。学生にとって就活は、自分の人生を自分で考え切り開く、またとない貴重な機会。その意味では、どんな苦労も、曲がりくねった道も、何一つムダにはならない…はずです。そうであって欲しい、そんな就活を、採用活動を、切に願っています。

Comment(8)

コメント

はじめまして。
ツイッターで、ふと目に留まったので。

ちょうど、昨日、就活生と関わる機会がありまして…
色々と学生は学生で大変そうで…

以前、採用・教育コンサルの会社で、
たくさんの人事担当者にお会いしましたが、
人事担当者は人事担当者で、非常に大変そうでした。

新卒採用の裏側は、表に出ていない部分で、
汚い部分や、企業間都合のこともあったり、
とても表面的なことばかりで動いている気がしました。

また、職業柄大学生と接することも多いのですが…
【優秀な学生】というものの定義自体も曖昧で、
大学で何を学んでいるのか曖昧すぎる学生もたくさんで…
人事自信も、実は大学のとき、そこまで何かを徹底して学んだり、
取り組んだりというのを感じないこともしばしばです。

都合のいい情報に振り回される学生、採用担当者、どうにかしたいです。

とおりすがり

>【優秀な学生】というものの定義自体も曖昧で、
>大学で何を学んでいるのか曖昧すぎる学生もたくさんで…
というか、それをいうなら卒業年度の一年以上前に就活すること自体が間違ってる。
その時期だと卒論のテーマさえ決まってないでしょ。一年以上前に就職活動
させてるってことは、人事部が学生に「大学で何を学んだなんか興味内よ」という
メッセージを送っているようなものです。

優秀な戦力となる学生を求めるなら就活は卒業後にやった方が絶対マシ。
卒論提出させるだけでも随分変わるぞ。

とおりすがり2

>>【優秀な学生】というものの定義自体も曖昧で、
>>大学で何を学んでいるのか曖昧すぎる学生もたくさんで…
>というか、それをいうなら卒業年度の一年以上前に就活すること自体が間違ってる

今の大学は就職予備校化しているから、学問の場たりえないことは当然。
優秀な学生なんて全くと言っていいほど存在しないし、就職活動のために大学を選ぶ時代。
こんな状態で学生に仕事観や価値観を問うほうが狂気。

あり

要は正社員が守られすぎだから企業が異常に慎重な構えになっているんだよ。
正社員をもっと容易に解雇しやすくなるよう、制度を改正すればいい。
そうすればフェアで健全な状態になり、数多くの競争も生まれ、それぞれが切磋琢磨する気持ちも増進しそれが国益にもつながる。
公務員も民間労働者も既得権益者が守られすぎているから人が淀み、腐った人間がいつまでたっても排除されない。国益も損なっている。
雇用の流動性を徹底的に強めればこの問題をはじめ、多くの労働問題が解決するし日本の国力、国際影響力増強にもつながる。
今は寄生虫をヌクヌク守っていて国益を著しく損なっている、成長の機会を数多く奪っている状態。

はじめまして。
8年にわたり、エントリーシート攻略テスト(各大学がBコーポレーションへ依頼して学生に受けさせているもの)の添削をしてきました。また専門学校のフューネラル学科で非常勤講師もしていますが、自己分析以前に、「なにかに熱中する前に学生時代がすり抜けていっている」学生が多いことを、たしかに実感します。とくに短大や専門学校の場合、入学年度から就職を意識しなければならないこともあり、問題は深刻です。
しかし、問題は学生時代に始まることではないかもしれません。
小学生の子どもがおりますが、周囲をみていると、小学校中学年(場合によっては幼稚園)時期からくもん・学研・早稲田セミナーに通い、クラブ活動をしていても「塾へ遅れる」と気もそぞろ。体育大会の応援団など一時的な役割について集中練習しているときも、塾や習いごとで全員が集まれる機会が少なかったり。
何かひとつの目的で集まったメンバーが、実現へと向かって一致団結して協調し、励む、という体験そのものが、20年30年前と較べたら格段に少ないのではないかと思えます。
増大するニートや引きこもりの問題と無縁ではありません。
追記:Twitter、2つのアカウントでフォローさせていただきました。

Fufuhu

こんにちは、現役学生のFufuhuです。
正直なところ、企業は
【大学で何を勉強しているかなんて気にしていません】
下手をすれば世界トップクラスの企業でも面と向かってそう言われます。
僕は週の半分は大学に泊まり込みで研究しているわけで、それは辛いのですが…

大学の成績も一応確認するようですが、単位さえとれてればオッケーなようです。

大学での学業について聞くのは一部の研究職くらいで、
それ以外に関しては大学の中で何をやったかより、
【大学と関係ないところで何をやったかが重視されます】
これはまだましなところで、下手をすれば、
【大学と関係ないところで何をやったかがすべて】
な企業も存在します。

まあ、今の40代以上の人たちからすると
今の私たちのような学生は【クズも同然】なのでしょうが、
それなら【海外採用のみ行えばいい】のであって、
それをしないのは企業の怠慢だと思うのですが?

あと大学を就職予備校として選ぶなら国立の工業大学が一番です。
しかし、実際はそうなっていません。

現実の大学の選び方は
【偏差値ランキングで上からたどって行ったらこの大学だったから】ですよ。

または【学校側で受験する大学を指定している】ようなところもあります。
まだ成人すらしていない人間に自発的な選択を期待すること自体が間違ってますよ。

たくさんのコメントをいただきありがとうございます。
また今回は「はてブ」でもたくさんの意見を伺うことができました。
 
全体を通してみて、ほとんどの方が、現在の就活状況に対して何らかの問題意識を感じているということが確認できました。いろんな考え方があるのは当然のことですし、わたしが提示したことも,
わたし個人の一面的な見方でしかありませんが、これがきっかけで問題解決への議論が活発になるなら大変うれしいことです。
 
ものごとには必ず表裏あり、結果には原因がある。犯人探しをすることより、いろんな角度から見てみること、いろんな人の意見に耳を傾けてみることで、問題解決の糸口を探っていくことが大事だと思います。かなり根が深い問題だと思いますので、これからもいろんな視点を投げかけていくつもりです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Fufuhu

ディスコの前岡さんはいいことを言っているようだけど、
これらの就職支援会社こそがエントリー数の水増しの原因になっている側面はあると思うのですが?
特にディスコは「○○の説明会があるのですが出席しませんか?」なんて電話営業までしているわけで…
バイオ系の学生にゴリゴリの半導体メーカーの技術職を薦められても困る…

コメントを投稿する