オルタナティブ・ブログ > 平凡でもフルーツでもなく、、、 >

感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

【音ガ同2nd】セッションから見えたweb2.0的コラボ・ワークの本質

»

先週12月5日にオルタナブロガー有志による【音ガ同2nd】が開催されました。

今回は前回を上回る参加人数で手狭なオフィスに収容できるのか?という不安もありつつ、せのおさんのサブミキサー大活躍のうちに課題曲:松田聖子さんの「夏の扉」も当日数回の音合わせをしただけという条件下としては大成功の演奏でした。

当日の模様については参加いただいた方々のエントリーを見て当日の様子を想像していただくとして、わたしのほうは第2回の開催目標というか実現したかった事を書いてみます。

まず、

  • 「オトダズト」イベントなど同好の志によるイベントが盛況で、こちらは公開方式ではないにしろ、具体的な目標や成果を残せるようにしたかった
  • webで成果をアピールするにあたっては、公開した際に著作権などの問題が起きない題材を選ぶ
  • ビデオ収録や録音、そして生中継などへの技術的な課題を検証して、今後必要機材などの見極めを行っていく
  • 参加する楽器については「モバイル」という前提でバッテリー駆動するものという前提からは外れないようにする
  • 楽器経験者だけの集まりではなく、最終的にネット活用やコラボレーションといった方向性で得られるものがあるようにしたい

こんな想いがありました。

前回の感想エントリーでも触れましたが、セッションはコラボレーション・ワークそのものであり、この【音ガ同】の例から社内協働やら、社内外を通じてのコラボレーション・ワークにもっていくための気づきが何かしら得られれば…というのが私なりの目標だったのです。

長文になりそうなので、かなり乱暴に割愛してしまいますが(苦笑)結果として、

  1. ネットでは誰もがフラットな状態だが、こういったコラボレーションにおいてはその参加して時間を共有している間は、リアルにおいても参加者がフラットな意識をもっていることが重要
  2. 各人の得意分野を知り、技術レベルを皆が尊重することがまず基本前提
  3. 各人の技術や能力を発揮できる機材なり環境を整える
  4. その成果を参加者が共有できる
  5. その成果に対してレスポンスがある状態が確保できている

書き出してみると当たり前な事ばかりで恐縮ですが、2回目で得た経験としては4と5があり、やはり1の重要性は大きいと思いのでは…と思うのです。

社内で構築したブログやナレッジ共有システムとか、プロジェクトチームがいかに成果を出していくかという観点で考えた場合、2~4はある程度判っていることだと思うのですが、地位・実績・肩書きなどがどうしても外せない社内外のチームにおいて1のような考え方をするのはとっても難しいのではないでしょうか?

社内にブログを導入しても、どうせ遊んでばっかりで仕事の成果なんか出てこない…って考えている方には、

このオルタナブログの中で自然発生的に生まれたこの【音ガ同】が、ブログ記事やコメントのやり取りから、ブロガーミーティングでの密談(笑)に発展、メールのやりとりしつつ、初回会合を開催することで他のブロガーさんなどに取り上げてもらったりコメントをいただく状況を迎えつつ、2回目のセッションで成果物をちゃんと披露して参加者それぞれがこの動画を色々な人に見せてくることで、ここからまた新たな展開が生まれてくる事と思います。

なので社内的なブログなりコラボレーションにおいても、社内導入を済ませた方々にはもうお分かりの事だと思いますが、その成果・報酬がどのように与えられるのかというのも非常に重要になってきます。

更に、こういった草の根的なアプローチは、地力があるという事で好不況の波に左右されることが少なく、自社の事例の中でもトップダウンで始めた事よりも、草の根的に始まった事のほうが成果が大きかった事ってやはりあったりしないかを考えてみていただきたいと思います。

ここで最高に重要なのは

自分が信頼できる相手と、自分が好きと思う事を突き詰める事が出来る

これに尽きます、

仕事はあくまで対価を貰うだけで出来るだけ手を抜きたいって人もいるかもしれませんが、自分の技術に自信をもって何かを実現したいと考えている人、自分の会社が好きで何か新しい事出来ないか…と前向きな考えをもっている人たちも絶対居るはずで、

そういう社員の人が数人でも居る会社でまだこういうweb2.0的なアプローチを試していない方々には、成果共有とその評価をしっかりしてあげる仕組み組み立てながら、是非こういうコラボレーション・ワークに取り組んでみてはどうか?と思うのです。

個人的に今後の展開として、

  • ITmediaオルタナブログ事務局さんにもご協力いただいて外部の方にも参加していただく
  • 楽器メーカーさんとのタイアップ
  • アーティスト本人や声優さんとかを招いてのレコーディング・セッション
  • 同一楽曲、楽器、ソフト繋がりでの画像共有サイトなどでの企画連携
  • 海外の人ともレスポンス可能なネタの採用

こういう展開をしていければと全然実現性とかは見ずに漠然と思ったりしている訳ですが(苦笑

自分はホームページ制作会社を経営しており、1年前まではブログ活用については実際のお客様自らが作り出したものを例にして説明をしてきましたが、オルタナブログを書き始めてもう少しで1年、ブログ記事を定期的に書き続けることと、そこから派生したイベントを実際に開催する経験をさせていただいた事で、毎日自分でも楽しみながら記事を書かせていただいているにも関わらず、制作会社として今後ブログ構築案件などに本当に貴重な知識・経験を積ませていただきつつ、この恵まれた環境をご提供いただいているITmediaオルタナティブ・ブログ事務局の皆さんに感謝したいと思います。

参加いただいたブロガーの皆さんもお疲れ様でした、また次回も宜しくお願いします!

そして最後に、撮影に協力してくれた映像制作会社:獅子猿の吉村さんとパンチのN君、締め切り関係で当日あの状況でも仕事を頑張って続けてくれたU君とA君にもホントありがたい事で感謝しております。

あんまりクソ真面目なエンディングもどうかと思うので…

教訓:ビデオ撮影する時はテーブルを片付けてから撮影するべし(爆

それでは当日の模様、リハも含めたっぷりとご覧ください。


【音ガ同2nd】関連記事

Comment(6)

コメント

D社のS

デジタルなのにミョーに人くさい音が面白すぎ。。
メロディライン担当は何で出してる音ですか?
エアドラムはもう完璧ですね。
モノがモノだけにエアギター大会系に仕立てることも
可能かと思うのは俺だけか?
パート別にサイトにアップしてDLしてミキシングなんて
ちょっとかっこいいかもしれないっすね。
ドラムパートとシンセのメロディがベースサイトにあって、
ギターとかパーカッション担当がかぶせていくとか。。
俄然マックよりの発想ですが。。

佐々木さんの想いが伝わってきますね。
 
ブロガーというオンラインのつながりで信頼関係のきっかけを作り、
オフラインのつながりで同じ目的、同じ空気を共有することで、信頼関係が揺るぎないものに育っていく。
私にはそんなプロセスに映りました。
 
デジタル社会において、オンラインに依存しすぎた関係は、いろんな問題を引き起こしています。
それを解決するには、オフライン、すなわち“生”が糸口になると思っています。
実はこれが私のコミュニケーション研究のテーマでもあります。
 
音ガ同のイベントは、そんな小難しい能書きを意識しているわけではないでしょうが、
ここには、現代社会が生み出したコミュニケーション問題が抱える問題への解決策が見え隠れしていると思います。
ちょっと大袈裟でしょうかね。
 
うまく表現できませんが、とにかく素晴らしいイベントになりましたね。

ささき

D社のS様、どもどもお疲れ様です。

>メロディライン担当は何で出してる音ですか?
1番は、DSiのDS-10で、
2番は、スタイロフォン
ソロ後は、両方でユニゾンになっていたと思います。

>モノがモノだけにエアギター大会系に仕立てることも可能かと思うのは俺だけか?

実は、エアドラムを持ち込んでくれた玉川さんはエアギターの上手なんですよ(笑

D社のSさんも外部参加可能になった際には是非顔だしてください!

ささき

中村さん、コメントありがとうございます。

>それを解決するには、オフライン、すなわち“生”が糸口になると思っています。
実はこれが私のコミュニケーション研究のテーマでもあります。

今回のようなセッションでは、やはりパソコンだけで完結する知識だけでは管理不能なことにわたしも気が付きました。やはり現場の経験とかが非常に重要だよな、、、と

>音ガ同のイベントは、そんな小難しい能書きを意識しているわけではないでしょうが、

あんまりお遊びにしか見えないと、これまた社長が仕事をほっぽり出して遊んでいる、、って事になっても困りますので、楽しめることろは思う存分楽しみながら、仕事に活かせるとか、新たな気づきについてはどんどん吸収していく…といったような取組み加減が良いのかなと思っております(苦笑

>うまく表現できませんが、とにかく素晴らしいイベントになりましたね。

ありがとうございます!

あらためまして。
先般は大変お世話になりました。
>自分が信頼できる相手と、自分が好きと思う事を突き詰める事が出来る
このまとめのお言葉、本当に良い言葉ですね。また、それに尽きます。
・・・特にここんとこ自分は本業の方では(・・・ゴニョゴニョ・・・)・・・まぁ色々あります(苦笑)
余計に心に染みます。

ささき

せのおさん、コメントどうもです。
こういうネタだと単に遊んでいるって思われること多くて、今回クソ真面目なネタに落とし込んでみましたが、実際の仕事の現場で好きな事を徹底してやれるか、、、というと諸条件が整うことは本当に少ないですよね。

ただし、10代とか20代前半とかのほんと夢中で練習していた、、、とかそういう感覚は自分のどっかに取っときたいものだと最近改めて感じたりしています(苦笑)

コメントを投稿する