オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

半沢直樹が自分の会社だったら?

»

前作の半沢直樹は、たしかTverで見ていた記憶があったのですが、今作はTverではダイジェストしか見られず、本編は有料のParaviになっており、最初のほうは録画もしていなかったので、見られませんでした。

でもって、歌舞伎役者だらけの名シーン連発。いやあ、面白いですね、他人事だから。

日本経済新聞の春秋でも取り上げられていました。

あえてクールに眺めるとどうだろう。役員会は日本人の中高年オヤジばかり。派閥抗争と社内政治に明け暮れている。

今の日本政府にも似ている感がありますが、自分は一生懸命仕事をしているのに、役員室では「詫びろ、詫びろ」なんてやっていたら?

でも、自社の役員は昭和感覚のオヤジばかりだとしたら、あれは極端にせよ、似たことが起きかねないのでは?

ITが分からない大臣のように、現場を理解せず、自分の保身だけ考える役員だらけだとしたら?

転職を含めて、自社を見つめ直す、いい材料かもしれませんね。

Comment(0)