オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

「給与」は実力、「賞与」は成果

»

もう8月ですので、賞与支給が終わった企業も多いことと思います。一方で、それどころではない企業も少なくないようです。

企業によっては、夏冬ともに○ヶ月とか決めているところもありますが、本来は賞与は成果、あるいは企業の収益によって増減するのが本来ですよね。

イシンでは、給与はその人の実力によって決定しています。一方で、賞与は利益がなければ支払えない、ということになっています。まあ、ありがたいことに、今まで一切ない、ということはありませんでしたが。

企業によっては、中途採用を過去の給与を鑑みて決定するところもあるようですが、イシンではそれはしていません。でないと、中途採用同士でバランスがおかしくなってしまうからなんですね。

企業によって基準は様々だと思いますが、大きく分けると「給与」はその人の実力の対価であり、「賞与」は、その人がやった成果、あるいは利益に対するものだと考えている今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する