オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

iPhoneを無くしたけど、やっぱりiPhoneで良かったと感じた

»

iPhoneをタクシーの中に置き忘れる。ずいぶん前にやらかしてしまいましたが、ここに来てまたやってしまいました。領収書をいただいていたので、忘れ物として電話をかけましたが、ない、との回答。

夜だったので、朝まで待ってもう一度確認しましたが、やはりなかったとのことでした。こんなときは当然「iPhoneを探す」で探してみると、墨田区のある場所にあるようです。ロックをかけて画面に電話番号を表示させると、早速お電話をいただきました。と、工事現場の奥深くに落ちていたそうです。

その場所まで受け取りに行くと「あまりに奥だったので、我々の関係者だと思っていた」と。まあ、そりゃそうですよね。夜にそこまで入れないでしょうし。

ここからです。
iPhoneを持ち帰ってみると、中に知らないおばさんの写真。あと、何枚か知らない家の中で撮影した写真があります。

そうです。iPhoneはロックされていても、カメラは使えますよね。ここからは僕の勝手な推測です。

そのおばさんは、僕の次にタクシーに乗ってiPhoneを見つけて持ち帰った。で、いろいろ触ってみるとカメラが起動したので、何枚か撮ってみた。たぶん、iPhoneを使ったことがないので、カメラが使えるからそのまま使えるとでも思ったんでしょうね。でも、そこからはどうやっても、顔認証は通らないし、当然パスコードも分かりません。
で、窓を開けて隣の工事現場に投げた。

あくまで勝手な憶測です。結局は、僕が置き忘れなければ起きなかったことですから。

それより何より、iPhoneで良かった、と思った出来事でした。

工事現場のみなさんには、大変感謝です。後日、菓子折り持ってご挨拶に行ってきました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する