オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

45歳以上は要らない時代、あなたの居場所はあるか?

»

年の瀬、クリスマス(今日の昼間まで)の25日、Chikirinさんが物騒なブログを更新されています。

時代の大きな変わり目が来ています(Chikirinの日記)

今はもうひとつ、根本的な理由があることを見逃してはなりません。
というのも、
上記はどれも「日本独自な理由」に見えますが、実は昨今のリストラの背景には、世界共通かつもっと構造的な「仕事の変化」があるからです。

「仕事の変化」に気づいていない会社員は、決して少なくないように感じています。営業でもエンジニアでも、日々の仕事を「ルーティン」だと思いこんでいる人は、ほぼ「気づいていない」に分類されると思います。

また、「引き継ぎができない」会社員も少なくありませんが、「引き継ぎができない」=「新しい仕事は任せられない」ということになり、こちらも「気づいていない」に分類されますし、典型的なリストラ対象になってしまうんですよね。

また、逆の考えなのですが、45歳になったら、リストラどころか「定年」でもいいと思っています。60歳とか65歳で定年になってしまい、何も手に職がないまま再就職が困難になるよりも、45歳、あるいは40歳で辞めて、次のステージ、人生の後半に突入するほうが、新たなことを身につけるのも可能性が高いですし、起業するにしてもパワフルに動けます。

会社員生活を20年以上ダラダラと過ごしていると、本当に行き詰まる時が来る。2020年以降は、そんなことを考えないといけない気がする今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する