オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

管理職AI化の時代、残れる中間管理職とは?

»

2019年になりました。あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。このブログを書き始めて、丸13年が経ちました。書き始めた頃とは、明らかに時代が変わってきています。

AI・RPAの時代に生き残れる管理職・リストラされる管理職(DEXCAロボティック)

「AI時代に生き残れない中間管理職はこんな人」――冨山和彦の正解(文春オンライン)

間もなく、AIスマホが上司になる日がやってくる(現代ビジネス)

いずれも記事も、予測、推測ではあるものの、厳しい見解を示しています。

昭和の時代には、出社するのが当たり前で、直行直帰を良しとしない文化も当然で、「24時間がんばれますか」なんてCMが流行った時代。この頃は、出社してきた部下と話し合えば良くて、タイムカードを見ればいい、みたいな状態だったのかもしれません。

しかし今は、終身雇用制とは大きく違ってきた時代であり、パソコン、タブレット、スマートフォンさえあれば、出社しなくても仕事ができる人が増えている中で、オフィスで対面しないと部下を評価、サポート出来ない中間管理職では、時代に追いついていないとも言えるようになってきました。

そもそも管理職という言葉が誤解を招きがちだと思うのですが、管理職の仕事は「管理」することだけではありませんよね。ま、もちろん、管理は必要ですが、管理職の重要な仕事は「ケア」と「フォロー・サポート」だと思っています。部下の報告を取りまとめて上司、経営者に報告するだけなら、それことAIとかRPAで済んでしまいます。でも、ケアとかフォロー、サポートといったことは、まだまだ人間でないと出来ない部分であると思っています。少なくとも「今現在は」ですけど。

要らない管理職にならないためにどうするのか。前に進むとは、そういうことなんだろうと思う今日この頃です。

Comment(2)

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もたまにコメントさせていただきます。
 
私は57歳ですが昨年末に以前勤めていた会社を辞めて
新年から新しい会社で再出発しました。
(大木さんに近しい業界に転職しました)
 
個人的にも中間管理職や経営能力の低い役員の必要性は
どんどん薄れていくと思っております。
そろそろ封建時代の「殿のために尽力を付く」日本的な働き方から
ビジネスとして働く意味を考え直していく必要があると思います。
 
今までは過去の経験(凡例・事例・先人の知恵)で何とか出来てきた時代かと思いますが
第四次産業革命と言われている時代、ダーウィンの進化論ではありませんが
『最も強い者が生き残るのではなく、
 最も賢い者が生き延びるのでもない。
 唯一生き残るのは、変化できる者である。』
のように、これからは変化に対応できる視点・発想・創造など新しい考えが出来ないと
会社を存続させることは厳しくなるのかと。。。
その事を実践できない中間管理職や経営者は必要無くなります。
(上司を選べない平社員の私が転職した理由でもあります)
  
高い給与をもらう中間管理職・経営者は今までのように現場任せで楽できる時代は終わり
真の意味で会社の将来を担う能力を身に付けなければAIに取って代わられるでしょうね。

>kiyoさん
あけましておめでとうございます。ご転職ですか!お互いがんばりましょう!^^
おっしゃる通り、変化できる人、変化に柔軟に対応できる人が生き残るのでしょうね。
手間のかかる人というのも、これからは淘汰されていくのだと感じています。

コメントを投稿する