オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

AUGMはマックオタクの集まりではなく、ポジティブな人の集合体だった

»

昨日は、渋谷で開催された「AUGM東京2014」に参加してきました。AUGMはアップルユーザーグループミーティングの略で、もともとは各地にあるアップルのユーザー会のイベントだったようですが、最近では個人参加が多いようです。いつも大人気ですぐに埋まってしまい、僕も何度か申し込み遅れてしまって参加できなかったのです。

それが、この春にミニAUGMのようなイベントが有り、一度参加させていただいて、今回大規模な(公募400名)AUGMに参加させていただきました。

外から見ると「え〜、アップル信者の集まりでしょ」と思われがち。実際、アップル製品を使っている人たちが多いわけですが、中にはiPhoneを持っているけどパソコンはWindowsという方もいらっしゃいますし、Androidユーザーもいます。それでも、何か気になることがあって参加している人が多いように感じました。

20141019_102429

写真は、MetaMoji浮川社長のプレゼンテーション。奥様と一緒にジャストシステムを創業されたことで有名な方ですが、御年65歳とは思えない、熱い方です。オフィスにお邪魔した時も、手書きアプリケーション「mazec」について、熱く2時間ご説明いただきましたが、AUGMでもその熱さは変わりません。ベンチャー創業者ってこうあるべき、という見本のような方です。

話はAUGMに戻りますが、各ベンダーのプレゼンテーションを真剣に聞き、またベンダーのみなさんから苦労談などを聞き出し、それでさらにファンになっていく、という雰囲気がとても好ましいと感じました。

アップル製品のみならず、最近はネット上を中心にとかく批評家、評論家が増えているように感じます。アップル製品も否定するし、マイクロソフト製品も否定する。何でもかんでも否定するけれど、決して提案はしない。そんな雰囲気とは対局にあるイベントだというところに好感が持てました。

Macファン、アップルファンのみならず、機会があれば覗いて見られると面白いと感じた一日でした。運営のみなさま、ありがとうございました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する