オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

iPhone 6 Plusは、法人需要が増えそう

»

Img_0024

iPhone 6とiPhone 6 Plusの二種類、みなさんはどちらを選択されたでしょうか。一部の情報では、コンシューマ市場では7割がPlusにしたという話もあります。

で、その結果「大きすぎる」という声もあるようです。僕はかなり手が大きい方で、バスケットボールを掴めるのですが、僕の手でもやはり大きめ。今までのiPhone 5sの感覚とはまったく違うのですね。

たしかにこれがiPhoneという名前なので、文句をいう人もいらっしゃるのでしょうが、仮にiPad nanoとか、iFabletだったらどうだったのでしょうね。

僕自身、これは新しいミニプレゼンの市場を開いてくれるのではないか、と密かに期待しています。iPhone 5sじゃ小さすぎる、iPadを持って行くと仰々しくなってしまう。そんな場面に、さっとバッグから取り出して小さくプレゼンする、あるいは見せる。これなら、相手が老眼だったとしても大丈夫です。何より、ヨコ型で使いやすいのがいいですね。

物事を一方からだけでなく、新たな視点を模索すると面白い気がしました。ちなみに、昨日ブルームバーグでこんなニュースがありました。

Apple's New iPhones Seen Fueking Swich From Android

どうやら、iPhone 6およびiPhone 6 PlusにGALAXYからの乗り換えが急増している模様。使いやすい端末の需要が伸びているようです。コンシューマ市場のみならず、法人でも増えそうですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する