オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

クラウドもプログラム言語も、ユーザー目線で選定するべき

»

Img_7369_3

昨日まで大阪出張だったのですが、帰りの新大阪駅でドクターイエローに遭遇。記念に撮影してきましたのでおすそ分けです。ドクターイエローは、時刻表が公開されていないそうで、縁起物扱いだそうですから、僕にも何かラッキーなことがあれば、と期待しています。

=====

以前から耳にするのですが、たとえばオープンソース。オープンソースありきで話されている現場に行くと違和感を感じます。クラウドも、IaaSからSaaSまでいろいろあるのですが、「無料」という言葉だけが独り歩きしていたり。何かが無料でも、そこに人件費がかかるはず。誰からボランタリーにやってくれることに期待は出来ませんし、そもそもビジネスはボランタリーであってはいけない。対価は発生すべきで、利益がないと継続性もなくなる。それらすべてをすっ飛ばした会話は、とても気持ちわるいものです。

同様に、端末に関して無料とまではいかなくても、「安いだけ」を選定基準にするのはとても危険ですよね。「◯◯ならiPadの半分の価格だから」とお客様に薦めている人たちがいるようですが、「何を実現することがもっとも重要なのか」、を無視して進めてはいけない。

来週、iOSを活用するためのセミナーを二日間開催いたします。(事前申込制)
7月16日(水)はこちら
7月17日(木)はこちら
両日ともに、パネルディスカッションがありますので、iOSのプロに「ユーザー目線での導入」について、ご質問いただくことが可能です。僕は17日に登壇いたしますので、六本木ヒルズでお会いいたしましょう。

Comment(0)