オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

【新しい働き方31】「自分が好き」と「自分だけが好き」はぜんぜん違う

»

20140317_90641

週末は、大阪の親の顔を見に帰ったのですが、そのタイミングで久しぶりの奈良に行ってきました。薬師寺、春日大社など有名なところを見て歩いていると、とにかくあちこちで見かけるのが「鹿」です。奈良の鹿は、鹿せんべいをあげる人がいたりと、可愛がられているのですが、それでも地元の方は、庭の草を食べられたり、大きな樹木の皮を食べてしまって樹木を痛めたり、ということで、悩んでいらっしゃる方もいると伺いました。もちろん、あくまで人間の視点ですが、悩ましいところですね。
 
======
とある会社での新しい働き方についてご支援させていただいているのですが、先週のお打ち合わせでこういう意見が出てきました。
 
「◯◯部に、自分のことだけが好きな人間がいて困っている」
 
何のことかと聞いてみると、自己主張が強くて、周りと協働出来ていない、というか、協働しない。一人で出来る仕事だけやって、とっとと帰ってしまう。注意すると反論が何倍も返ってくるので、上司でさえ面倒くさくなって注意するのをやめてしまっている、ということでした。
 
上司の方がどうなっているのかを分かっていませんが、もちろん上司の責任ではあります。ただ、世の中にはたまにこういう人っていますよね。話を聞くと「自分が、自分が」という主張ばかりで、周りのことを考えない。
 
僕は、自分を嫌いになるのはよろしくないと思っています。自分を一番応援するのは自分ですし、誰に認めてもらっていなくても、自分だけは自分を褒めてあげる。中には自分へのご褒美を買ったり、食べたりすることで元気を出す方がいらっしゃいますが、とてもいいことだと思います。
 
しかし、周りの意見を聞かず、自己主張だけで終わってしまう人は、働き方を変える、なんて難しいのでしょうね。何があっても自分だけが正しい、というようでは、協働出来ません。協働出来ないことには、テレワークを含めた新しい取り組みも難しいものです。
 
自分が好きであること」と「自分だけが好き、自分は絶対正しい」ということはぜんぜん違う。そんなことを感じた今日このごろです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する