オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

【新しい働き方26】自己管理とダイエット、出来る人と出来ない人

»

20140308_73159僕が独立するときに、起業家の先輩から受けたアドバイスは「自己管理」でした。自己管理出来ない人は何をやっても失敗すると言いますが、起業するためにも必要なこと。特に気をつけるように言われたのが「お金」「時間」と「健康」です。
 
お金、時間は当たり前のこととして、忙しくなってもそうでなくても、油断していると健康に気を遣わなくなってしまいがち。太る太らないは体質があるとはいえ、自己管理できていないとブクブク太ってしまいがちです。それは食べ物だけでなく、睡眠不足も太る原因と言いますから、やはり「自己管理」全般であるようです。
 
ダイエット方法もいろいろありますが、太る人の特徴は「食べ過ぎ」であることが多いと聞きますし、自分自身が太った経験からもそれは正しいように思います。少食の人が太るなんて話は聞いたことがありません。夜遅くの炭水化物とかもそうですが、結局は食べ過ぎているわけですね。自分を抑えられないことが原因。
 
僕自身は、3年前がピークで太り過ぎだと感じたので、2年前の4月から夜の炭水化物を無くすようにしました。夜はご飯はもちろんのこと、イタリアンなどの食事でもパンは食べない。それでなくても外食の際はお酒を飲む機会が多いので、炭水化物を抜いたくらいで体力に影響はありません。ダイエットという意識もなく、8ヶ月間で10kg痩せることができました。今また、もう少し痩せようと目論んでいます。
 
働くにしても遊ぶにしても、自分自身が不健康では楽しむことは難しくなってきます。僕はマラソンなど走るだけのスポーツが好きではないのですが、必要なときでさえ走れないようになってはいけない、と心がけるようにしています。「走らない」と「走れない」は全然違いますから。
 
自己管理が出来ない人、ダイエットを「やる、やる」と言っても全然痩せない人って、そもそも本気で痩せる気などないことが多いとも聞きますね。きっとそうなのでしょう。
 
本気で痩せてみたいと思う方は、「糖質制限ダイエット 減量後 10ヶ月経過まとめ」を参考にされると良いかと思います。かなり理にかなっているダイエット方法だと思いますので。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する