オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

電子書籍はどこで購入するべきか、多すぎるプラットフォームの苦悩

»

 

元旦に届いたサザンオールスターズのBlu-rayのおかげで、お正月は引きこもり状態の大木です。いや、昨日は少しだけ出かけてきましたが。
 
電子書籍に関して、こんな記事がありました。

さすがAmazonということで、Kindleストアで電子書籍を買う方が一番多いのですね。たしかに取り揃えも多いので、購入しやすいのでしょう。で、2位がアップルのiBooks Storeだそうで、こちらはMac OS MavericksになってからはMacでも読めるようになったので、利用者が増えているのかも知れませんね。
 
僕もKindleストアで購入することが多いですが、これは決して「Kindle」で読んでいるわけではありません。主にiPad Airで読んでいます。で、時々iPhoneでも続きを読んだり。続きをきちんとクラウドで管理してくれているのが便利ですね。紙の本だと、少し前に読んでいた本のしおりがなくなってしまうと、どこまで読んだのか分からなくなることがありましたが、電子書籍になってからはその面倒さがなくなりました。
 
電子書籍のプラットフォームは楽天koboといった端末と連動するものもありますが、Book liveや雑誌のマガストアに紀伊國屋のKinoppyなど、さまざまなアプリがあって選択に迷うことがあります。で、選択だけならまだいいのですが、結果的にどの本をどこで買ったのか、が分からなくなってしまう。買った本のタイトルだって、正確には覚えていないので、あとで探すのが困難になったり。
 
中には日経BPのアプリのように、少し前までは検索機能すら付いていないアプリもあって(注:現在は付いています)、買った本どころか買いたい本も探せなかったり。また、自社の本は自社のアプリでしか出さない、とかややこしいことになると、もうユーザーの利便性など無視されてしまいかねません。
 
僕自身、現在はiBooksで買える本はiBooksで。理由はサンプルがあるからですね。で、次にKindleを使っています。こちらをiPadで使うには、一度ブラウザでAmazonのサイトに行って購入し、Kindleアプリでダウンロードするという面倒さがありますが、品揃えの多さは群を抜いているので、そういう意味で利用しています。
 
みなさんは、電子書籍をどこで購入されているでしょうか。好き嫌いとかいろいろなものがあるとは思いますが、自分に合った購入をできるといいですよね。

Comment(2)

コメント

TETSU

自分は案外楽天で購入することが多いかな。
あまっているポイント消費にちょうどいいというのもあるが(数百ポイントから使える)割引が多いのもあるも、一応koboあるけどほとんど使ってない。無料でもらったものだが使い勝手がイマイチなんだよね。iPad用のkoboアプリもイマイチだけど(^^;

でも読みたい時に読めるのが電子書籍のメリットだと思うんだけど、読みたい本が売ってないことが多くて、いろいろなストア探すのも面倒だし、値段もそんなに安くないし、全体的にまだまだだと思います。
書籍購入のプロセスにこだわり過ぎのような気もします。
過去のマンガとか、暇な時にちょっと読んでみたいと思うものは多いのだが、わざわざ購入してまで・・とは思わないんだよね。電子書籍はレンタルのような仕組みがあってもいいと思う、特に過去のマンガはビジネスチャンス大きいと思うんだが

>TETSUさん
なるほどー。僕は楽天はあえて避けていますが、あとは買いやすさ、という意味では同じ話かも知れません。古い本は悩ましいところですよね。これって音楽でも同じだと思いますが、古くなると安く買えるとかになれば、売買双方にメリットが有るように感じます。古い言葉になりましたが、ロングテールですね。

コメントを投稿する