オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

意地と結果のせめぎあい、日本シリーズ第六戦

»

昨夜は、楽天イーグルス優勝に期待して野球を見ていた方が多いのではないでしょうか。ピッチャーも連勝のマー君こと田中投手だったので、期待度は高かったのだと思います。まあ、ホークスファンの僕にとっては、どちらが勝っても、ではありますが、子供の頃から堀内監督になるまでは巨人ファンだったので、悩ましいところです。
 
星野監督「代われと言った」がマー君「最後までいきます」
 
監督として、あとからこういうことを言ってしまうところが星野さんらしいところですが、それはそれとしてマー君なりの意地もあったのでしょう。また、2回で2点を入れて、心のどこかに守りがあったのかも知れません。ただ、結果は負け。
 
本当に難しい決断だと思います。マー君は奥さんも見に来ていることですし、最後までやり通して結果を出したかった。監督もそれを認めた。でも、結果は負け。野球も我々ビジネスをやっている人間と同様に、結果が全てなのですね。途中経過はあるにせよ、評価されるのはアウトプットのみですからね。
 
さて、今日は最終戦。楽しみに拝見しようと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する