オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

聴ける愚痴と聴けない愚痴

»



大阪に出張で来ている朝。いつもとは違う朝食でのんびりです。写真は大阪の友達にいただいたノート。なぜ、僕にくまモン?というのはさておき。(笑)

昨日、その友達と話していたのですが、愚痴を聴いてあげることが出来る人と、その人の愚痴は聴きたくない、というのがあるよね、なぜだろう、といった話をしていました。

僕なりの結論は、「部下の愚痴」と「暗い愚痴」は聴きたくない、ということです。

部下、あるいは後輩というのは、驚くほど何かをやらかして当たり前。特に新卒や、異動になったばかりなら当然、と考えるべきところですよね。

しかし、世の中にはそういう愚痴を言う人がいるのだとか。回り回って本人の耳に入ることを考えていないのでしょうか。そして、そうして何か良くなるとでも思っている?のだとしたら、大間違いですね。

また、暗い愚痴も、聴く人を疲弊させます。ずーっとブツブツ愚痴を言っている人に多い気がします。そういう人は、ドンドン人が離れていきますね。「彼は毎回愚痴しか言わないし」なんてことになります。まあ、事実なわけてすが。

一方で、同じ愚痴でも明るく言う人もいますね。そういう人は愚痴を言っても短い。だから、周りを不愉快にさせないのですね。

愚痴は言わないに越したことはありませんが、言う場合も相手のことを考えるべきですね。そんなことを少し話し合いました。

Comment(3)

コメント

kitakaze

まあ、おっしゃる事は分かるんですが、それなりの規模の会社になればグッチっぽい人もそれなりにいる訳で、そういう部下を足蹴にできない世の中でもあったりします。

愚痴っぽい部下を上手にガス抜きさせながら付き合うのも、上司としてのスキルかと思います。

ardbeg32

それと愚痴をいうなということになると、愚痴っぽい人は溜まる一方になってしまいます。
欧米みたいにカウンセラーにお金を払って、というのが日本でも常態化すれば嬉しいのですが。

愚痴の原因そのものが良くはなりはしませんが、少なくともストレスがたまっている人のゲージを下げる効果はあると思います。(愚痴を聞かされる方はたまったものじゃないでしょうが)
まあ中年オヤジは飲み屋で会社の愚痴をぶちまけるのが定番なのでしょうか。

ずーっとブチブチ愚痴をいうのは単純にキモいから止めたほうがいいのは確かですね。

>kitakazeさん、ardbeg32さん
はい、お二人の仰るとおりです。ただ、「ストレスの溜まっている溜まっている人が勝ち」みたいな風潮は良くないと思っています。聞かされる身にもなれよ、というのが本音で。
むしろ、kitakazeさんの仰るように、カウンセラーに相談するのも手ですし、根本からそういうように周りを不愉快にさせる愚痴は言わなくて済むように、自分でコントロールできる大人になれるように、というものがあるのだろうと思っている次第です。
居酒屋で愚痴を言っているおじさんに「辞めたらどうですか?」と絡んだのは、遠い昔です。(笑)

コメントを投稿する