オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

クラウド化する今、MacじゃなければiPadがいい

»

先日お会いした、とあるクラウドサービスの会社の方がMacBook Airを使っておられました。まあ、クラウドサービスだし、Macで全然おかしくないなあ、と思っていたところ、同僚には元マイクロソフトの方もいらっしゃって、でも社内は100%Macなんだとか。
 
そう言えば、元マイクロソフト社長の成毛眞さんのインタビュー記事を読んだことがありました。

正直言って、この記事を読んだときは少々驚きました。まあ、元マイクロソフトの社長だからWindowsであるべき、とは思いませんが、10年以上も使っていないとは驚きです。

Apple製品を使っているのも、Appleが好きだというよりも、クラウドへの接続端末として優れているからというそれだけですからね。

たしかにここは言えますね。当社にもWindows端末がありますが、ある特定の作業をするために存在していて、誰かの使用端末ということではありません。全員Macを使っていますし、iPadとiPhoneでクラウド経由で仕事をしています。僕はプライベートもクラウド無しでは困りますけど。
 
そう言えば、もうお一人の元マイクロソフト社長の古川享さんもMac使いでしたね。ちょっといい記事が見当たりませんでしたが。
 
僕は、Windows3.1から使っており、今もMacにWinodows7と8の両方を乗せて使っていますが、これはこれで使い勝手は悪いとは思いません。ただ、クラウドにつなぐのはMacですね。Windowsでは繋がない。
 
とはいえ、企業には今までのITを導入してきた歴史があって、一朝一夕で全社がMacに乗り換える、なんて難しいと思います。でも、新しい取り組みをするためにクラウドサービスは使いたい。そういう方々が、iPadの導入を推進しておられることが多いように思います。そう、パソコンでなくてもいい仕事って少なくないのですよね。来週のセミナーでは、そういう事例をいろいろとご紹介しようと考えています。
 
<セミナーのご案内>
多くのiPad導入事例を、具体的にご紹介いたします。
日 時:2013年10月29日(火)13:00-17:30(12:30会場)
会 場:六本木ヒルズ36Fセミナールーム
お申し込み、詳細はこちらからどうぞ

Comment(0)