オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

Facebookに書いたことは、そんなに注目されているわけではない件

»

僕が初めてFacebookに登録したのは、たしかTwitterより前でして、Twitterの登録はTwilogによると2007年5月18日とのことですので、かれこれ5年以上使っているようです。ま、最初はTwitter同様に頻度は低かったのですが、最近ではほぼ毎日アクセスしています。そのおかげなのか「友達」が、550名を超えたことに気付きました。そんなに繋がっていただいて、ありがたい次第です。

さて、Facebookにはリアルにお知り合いの方が多く、ときどき顔を合わせます。そんなときに「この間、Facebookに書いたんだけど・・・」から始まって、何を書いたのかが端折られることがあります。(笑)申し訳ないのですが、一日ずっと見ているわけではないので、どんどん流れていくんですね。Twitterほどの速度ではないでしょうけど、どなたかが更新すれば下に下がっていきますし、いわゆる埋もれていく、という状態になっているのですよね。

考えてみると、僕自身も「大勢の方が見ている」なんて意識をすることもあるのですが、そんなに肩に力が入らなくてもいいのだな、と思ったり。

昨日も、「ゴールデンウィークどうしてたの?」と聞くと、「◯◯に旅行に行っていました」という回答を聞き、Facebookを見るとたくさんの写真がアップされていることを知ったり。順序が逆な気がしますが。(笑)

Facebookを仕事に使おう、みたいな話もあちこちで聞きますが、そこに書かれていることは、そんなに注目されているわけではないのだな、と感じた今日この頃です。

Comment(2)

コメント

あとり

言い換えれば、書いた当時は注目されてなくても、のちのち意志をもって掘り返される可能性が十分にあるということですよね。
もしもリアルタイムを見るためだけのものだと思ってSNSを使っている人がいれば、それはとても危うい認識だと思います。
twitterもモニター上は流れてしまうとはいえどこかに残りますし。
過去の発言を簡単に勝手に遡れるところが、ネット全体の便利さであり怖さでもあると思います。
ブログだと歴史が長い分顕著ですが、新しい記事に引用やTBされた何年も前の記事から、炎上することもありますから。

>あとりさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、「残る」ものですよね。ツイッターでも、削除しても既にRTされていたりしますし。今回はこの視点で書きましたが、大事なお話ですよね。ありがとうございます。

コメントを投稿する