オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

学生言葉を生み出しているのは、実は僕たち大人?

»

 先日からツイッターで質問したり、Facebookで聞いてみたり、さらには社員に聞いてみて、だんだんと分かってきたことなのですが。

 
 いわゆる、バイト語ではなく、学生言葉と言われるものがあります。まあ、学生だけではなく、社会人でも使う人はいるのですが。「やっぱ」とか、「〜じゃないですか」なんて言うのもそうですが、僕が気になっていたのは、物事を曖昧にする言葉。
 
 「〜系」
 「〜な感じ」
 「〜的には」
 「〜みたいな」
 「なにげに〜」
 「なんか〜な」
 「〜とか」
 
 物事を曖昧にしておくように聞こえて、会話が終了していないような違和感を覚えることがあるんですね。特にビジネスの現場では「あり得ない」ということになりかねない。
 
 なのですが、いろいろ聞いてみて、遡っていくと、原因は実は僕たち大人にあるんではないか、という気がしてきました。それは、僕たちが怒るから。はっきり物事を言った結果、それが間違っていると怒られる。しかし、怒られることに慣れているわけではないので、ついつい濁した言い方になってしまう。
 
 もちろん、発端はもっと遠いところにあるのかも知れませんし、怒られ慣れていないことも考え方次第ではありますが、僕たちに原因がないとは言い切れず。むしろ、僕たちがもっと考えないといけないことが多い気がします。
 たとえば、怒るのではなく、話を聴いてみるということ。あるいは、間違ったことを叱るだけで済まさずに、その後をフォローアップする。また、努力し、チャレンジした結果の失敗を認める。同じことを繰り返すのは別として、チャレンジさせない大人が増えているとか。これは問題だと思いますね。
 
 僕たちがこういうことを繰り返しているから、合格点を目指す人が増えているのかも知れない気がしてきました。100点を目指さずに、70点、及第点をクリアすることだけを目標としてしまう。これは、田中淳子さんからお伺いした、新入社員教育の現場でも起きています。いま目の前の講師の課題だけをクリアする。でも、現場に配属されたらできていない。及第点をクリアしてきただけだから、身についたわけではなく。
 
  近頃の若いもんは、という言葉は何千年も前からあるようですが、若者に反省を求めてばかりではなく、僕たち大人が見本にすらなっていない。これは大問題ですよね。むしろ、本質は僕たちにあるように感じています。特に、メールなど、対面ではないコミュニケーションツールが普及すればするほど、そこに意識を持っておかなくてはならないように思います。ブログを書いても、ツイッターでつぶやいても、僕たちは見本になっているのか、と。
 ちょっと今週は、大きなことを気付かせてもらいました。

Comment(4)

コメント

islamalts

確かにそうかもしれません。
そして、私(社会人20年目近く)も使います。わざわざ使います。
というのも、やはり場の空気というのでしょうか、どうしても相手にとってキツイことをいわなければならないときに。
本来なら正しい言葉で伝えるのがいいのだとは思いますが、そうすると重すぎて脊髄反射で拒否してしまうケースがあるんですよね。
もちろん言葉を発してみるまでははっきりしたことはわかりませんが、相手が受け入れる状態にあるかどう、いわば空気を読んで学生言葉を使っています。

>islamaltsさん
なるほど、あえて、なんですね。
確かに、ストレートに言う=良い結果、とは限りませんもんね。
そこも見習いたいと思います。

ardbeg32

>怒られることに慣れているわけではないので
いや、私は、間違った事を言うことでのマイナス評価を貰いたくないから、というニュアンスに感じています。
ですので、まだ学生言葉ででも自分の主張を伝えてくれる人の方を、むしろチャレンジャーだと考えています。
とはいえ、今の若い人って、とりあえずハードルをクリアすることの訓練になれているから学生言葉ででもチャレンジしてくれるのでしょう。

これがマイナス評価貰いたくない人ばかりのオッサンの集団になると、検討会議でも一言も喋らなくなるんですよね。及第点ですらクリアーしようとしない。みんなでマイナス貰うことで横並びに安心するってそれってどこの泥舟?

>ardbeg32さん

> 間違った事を言うことでのマイナス評価を貰いたくないから
なるほど。それもあるでしょうね。それも含めて「慣れていない」んでしょうかね。

> マイナス評価貰いたくない人ばかりのオッサンの集団になると
・・・。前職で、イヤと言うほど見てきました。自分のポジションを「上がり」と決め込んだ人たち・・・。ジョークにもならないですよね。

コメントを投稿する