オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

企業CIOがFacebookやTwitterを嫌う本当の理由

»

 社内SNSとか、社内ブログに関わる勉強会を、主催側として関わらせていただき始めたのが2005年のこと。以来、iUG(INTRA BLOG/SNS USERS GROUP)という活動に、少しばかり関わらせていただいていました。当時はTwitterはなく、mixiやGREEが登場して1年くらい。で、社内ブログや社内SNSを立ち上げるのがブームのようになっていたのですが、多くの企業ではうまくいかず。

 
 ここに来て、社内Twitterという言葉を聞いたりもしますが、Twitterは社名であり、Twitter社の独自サービスですから、正確には社内マイクロブログ(?)とでも言うべきなんでしょうか。ま、いずれにせよ、社内コミュニケーションツールですね。文章量とか、添付文書の有無とか、表示のさせ方で工夫があるようです。
 
 最近ではB2Cビジネスを中心に、Facebookページを開いたり、公式Twitterアカウントを開設している企業も増えていますが、日本全体的に見るとまだまだなんでしょうね。そもそも、存在すらよく分かっていない企業も多いようです。
 
 先日、とある企業のCIO(社内的には公式に任命されています)の方とお話ししたところ「いやあ、技術のことは分からなくてね」と仰有る。「情報の取扱の方針は、技術ではないですよ」とお伝えしたのですが「でも、結局技術だから。情報システム部門の仕事だから」の一点張り。
 
 この方だけが特殊なのでしょうか。なんとなく、こういう傾向のある企業って、少なくない気がします。役割上、CIOを引き受けているけれど、事実上は情報システム部門に丸投げ。情報システム部門は、情報の取扱の方針について、今やっていることを勝手に変更する権限を持っていないわけですから、できることをできる限り頑張る。でも、社内からはブーブー言われたり。割りの悪い仕事ですねえ。
 
 そう考えると、多くの企業のCIOが情報の最高責任者を司れていない、というのが本当のところなのかな、と感じたりしています。だから、FacebookやTwitter、あるいは社内コミュニケーションツールについて、理解しづらいでしょうし、理解できていない。ここが大きな問題であり、障壁である気がします。
 
 これからは、電力問題もあって、オフィスの省エネが強化されるところが多いようですし、自宅勤務、在宅勤務といった就業体型も増えるようです。であればこそ、社内のコミュニケーション、情報交換、報告、連絡、相談といったものに対する対応が重要になると思います。どのツールがいいか、というよりも、まずは社内でどういった情報が流通するべきなのか、といったことから考える必要があります。
 
【宣伝】当社では、Zyncroなどを活用した、社内コミュニケーションを業務構築からお手伝いしています。お問い合わせはこちらからどうぞ。

Comment(7)

コメント

ardbeg32

情シスも、IT方面からしかCIOに現状を伝えてないってことはないですかね?
情報エキスポにCIO連れてって、コクヨやイトーキのブースを見学させれば管理すべき「情報」って電子情報だけじゃないんだよ、ってことを体で理解できませんかね?
CIOにきちんと伝えるべきことを伝えずに、「できることしかできないよ」と情シスが嘆いているなら、それはまだやるべき事をやらなきゃと思います。

>ardbeg32さん
はい、それはそれであるかも知れませんね。
あとは、その業務、社内の情報の最高責任者は誰?ということですかね。

ひろ

技術部門主導で導入される技術にはロクなものがないと感じるのは私だけでしょうか?
まずテクノロジーありき、目的は後付けみたいなのが多い気がします。

私は最近wikiに興味がありますが…これって古いのかな?

>ひろさん
0か100かではないのですが、そういう点もあるかも知れませんね。
本来は、業務要件ありき、のはずなのですが、そうはなっていないケースが多いですね。業務側の丸投げ体質にも問題があるわけですが。

> 私は最近wikiに興味がありますが…これって古いのかな?
ほう、Wikiのどういうところですか?

ひろ

一人一台のパソコンが普通になってから10年くらい経ち、メールの普及などもあって、とてもじゃないが今の職場の電子ファイルの量は管理しきれないくらいに増えてるのですよね。それに加えて人事異動もあるわけで、歴代の担当者によって電子ファイル方法の整理方法もバラバラだから、ファイルサーバーの直下に無数のフォルダと、その下に無数のフォルダが乱立し、どこに何があるのやらわけのわからないカオス状態になっているのです。正直、目的のファイルを探すだけで一苦労。そこらへんを整理するツールはないものかと考えているところ、wikiという手段を思いついたわけです。
今のところは「備忘録」兼「業務マニュアル」兼「専門用語辞典」みたいなものです。ハイパーリンクを張りまくって内容を整理すれば、将来的な職務引継ぎとかに役に立つのではないかと思っています。
でもまぁ、こういうツールはトップダウンではまず普及しませんよね。実務レベルの担当者が凄いモノを作り上げて有効性をアピールするしか普及の道はないような気がします。
私はそこまで考える立場にないので「自分に役に立てばいいや」くらいの考えですが。

>ひろさん
なるほど、なるほど。
少し前ならNotesの奥底に隠れていたような情報やファイルですよね。
知り合いの会社では、Amazonのように検索できる仕組みとインターフェースを持った社内SNSを入れていますね。
最近ですと、Zyncroというクラウドサービスなら、そこに上げたファイルの中身まで全文検索してくれます。
どういうツールを使うか、その企業のスタイルとかもあるのかも知れませんね。

ardbeg32

>社内の情報の最高責任者は誰?
ということをCIOが(体でわかってなくても)頭でわかってないなら問題ですね。

私なら「CIO、今からこの決算書を駅前に貼ってきたとします。
それと受付の桃子ちゃんの顔写真と3サイズ(検診情報)をツイッターに流します。
さらに壁際部長の居眠りを携帯で写真にとってコメント付きで2ちゃんねるに掲示します。
社内のシステムは一切使ってないし、総務や経理の机の上に放置されている書類です。
それなりに問題になるでしょうけど、責任を取らされるのはどなたになるでしょう?
情シスが決めている規程には、電子情報の取り扱いについては規定されていますが
紙情報や個人の携帯で取得する情報については秘密保守規程しかありませんので
社内規則に則って実行犯の社員は罰するのは難しいですよ。」
と迫るかも。
それでもピンと来ないなら処置なしですね。

コメントを投稿する