オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

iPhone/iPadのライバルは、AndroidじゃなくてSamsungかと

»

 iPad2の日本発売が延期されたまま、その後の音沙汰がない状況ですが、一方でSamsungはグローバルレベルで様々な発表を繰り返しています。前回のGalaxyTabは動きも速くて良かったけれど、GalaxySはXperia同様にカクカク動いていたな、なんて思っていたら、SⅡだの、Tab10.1などと、どんどん新機種が登場していますね。

 
 Androidの場合、ハードウェアのスペックを厳しく指定していないため、全然OSについて行けていない機種も出てきています。僕が購入したIDEOSなどもテザリングWi-Fi端末としてはいいですが、スマートフォンとしてはおぼつかないのですね。Wi-Fi端末だけなら、わざわざ300Kbpsというスピードを選択する必要もなく。
 
 一方、iPhoneやiPadで採用されているiOSは、現在4.3.1になっていますが、相変わらずスムーズに動きます。これはハードウェアとソフトウェアを同じ会社が設計しているから、と言われていますが、そこはそこで重要なポイントなんでしょうね。
 
 Samsungは、ここのところ徹底してスマートデバイスを研究しているように見えます。出てきている製品を見ても、とても良くできているように感じます。実はこれはAndroidだけでなく、Windows Phone7端末もそうなんですよね。Windows Phone 7端末は、マイクロソフト側がハードウェアのスペックを細かく定義しているため、各端末にブレがないですが、その中でもSamsungの端末はとても画面がキレイです。
 
 iPhoneやiPadの対抗としてAndroidで比べられることが多いですが、Windows Phone 7端末が登場してくることを考えると、実はOSベースではなく、メーカー、ハードウェアレベルでの比較のほうが妥当な気がしてきています。
 
 Android3.xがもっと普及すると変わるのかも知れませんが、今のところはそう感じています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する