オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

iPad on Business on 「Appleるんるん」!

»

 iPad on Business が電子書籍化されて、書籍の割には未だに25位にランクインされていて嬉しい限りですが、以前インタビューいただいたお話が、ポッドキャスト「Appleるんるん」で配信されております。

 今回はBJさんはお休みですが、鐵尾一郎さんとハンスケさんで、なんだかお恥ずかしいくらいお褒めいただいていますが、それはお二人の人柄だとご理解いただければと思います。お時間がありましたら、お聞きいただければと思います。

Comment(2)

コメント

Yasuhiro

Appleるんるんで応募させていただき、当選いたしましたヤスヒロです。
本書ありがとうございました。
読みつづけるうちに、過去のビジネスでの失敗について、思い出したものがありました。
それは、大木様も指摘されていましたMR殿向けのソリューションです。
約10年前のことですが、MR殿の活動支援をCRMソリューションを基盤として商品化をいたしました。
機能的には、訪問計画、活動報告、経費精算、GW機能等を提供しており、プレゼンや商品セミナーなどでは、好評でした。
ただ、Windowsベースであり、ノートPCで利用いただいていましたが、PCの起動時間、病院内での使用制限、
機動性、バッテリー、ネットワーク等々の問題から、モバイルとしては、機能不全(苦笑)営業所か自宅での使用となってしまいました。
その結果として、MR殿の活動支援は実現しましたが、営業活動時間の強化での処方量(売上)を向上させるという大きなテーマには
落第ということになり、導入前はバラ色、導入後は「なんだかなー」ということになりました。
その原因としては、外出しっぱなしのMR殿の「施設でのすきま時間作業」、「学術情報の携帯」、「タイムリーな情報提供、交換」などが、
実現できなっかたことだと考えています。
現在であれば、iPadで解決できると個人的には思っております。

現在、新ソリューションをiPadベースで開発しており、近々商品化になる予定です。
競合もありますが、当社独自の機能もあり、差別化を図っています。
※エレベータテスト的にアピールしたいのですが、まだ秘密情報ですので...
※公開許可を受けましたら、再度、コメントに登録させていただきたいと思っております。

今後のビジネスとしては、環境、福祉、第一次産業等をキーワードにiPad活用を検討しています。
ただ、ターゲットする企業規模で考えた場合、セキュリティ、ネットワークポリシーのハードル非常に高く、この点に苦慮しています。
(持ち出し制限、社内ネットワーク接続禁止、クラウドサービスの使用禁止、データの暗号化が必須)
本書の110Pからにも記載されておりますが、突破口がどこかにないものかと考える日々です。

>Yasuhiroさん
コメントありがとうございます。また、お読みいただきありがとうございます。
iPadの素晴らしさは、活用シーンをイメージしやすいところだと思います。
ぜひ、新ソリューションについて教えてくださいませ。

コメントを投稿する