オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

Twitterのフォロワーが増えて、さてどうする?

»

 昨日、たくさんReTweetいただいた投稿です。
ある方が「4ヶ月で25,000フォロワーが増えた極意を教えてもらう」セミナーをやっておられたようで、その実況が入ってきました。僕はそれに対し、

フォローしまくるだけかと。中身のないツイートでも、5万フォローすれば半分はフォロワーになります。短期間でフォロワー数増やすなんて、何の意味もないことですよね。

と返しました。それがたくさんReTweetいただいたものです。

 最近、ツイッターマーケティングセミナーというような名称のセミナーがあったり、ツイッターでビジネスを云々みたいなセミナーが多いようです。
 フォロワーが増えた、だからなに?と思うわけです。Twitterを1年以上使っておられる方ならお分かりでしょうが、4ヶ月で25,000フォロワーなんて異常なんですよね。意図的に増やさない限り、そんな数字にはなりません。中には、フォロワー30,000(フォローは4万超え)で、ツイート数が50なんて方を見かけましたが、ただひたすらにあちこちフォローしまくっているんでしょうね。有名な芸能人がTwitterを始めた、というのであれば別ですが。

 個人的に正直な意見を言うと、きもちわるいんです。やたらフォローしまくって、フォロワーが増えたと宣言する。だからなに?って。そういう人って、僕も間違えてフォロー返ししてしまうことがありますし。でも、ツイートの中身は・・・。

 Twitterの利用価値を否定するものではありません。加ト吉さんのように、上手に活用されている例もありますし、その他にも人間味あふれるツイートで上手にビジネスと繋がる活用をされている例もあります。
 ただ、無闇にフォローしまくって、それをマーケティングのプロのように吹きまくっているのは「???」という感じです。

 先日、Twitterから広告に関するコメントが出ていましたが、何をもって広告とするのか、今後の対応が気になる今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する