オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「自立だ~」「成長だ~」だけだと疲れてしまう。農業も人とのつながりも三世代同居も、未来に備えた「生き伸びる戦略」

»

しごとのみらいの竹内義晴です。

@IT自分戦略研究所で連載している仕事が「つまんない」ままでいいの?で、早期退職に向いている人、いない人という記事を書きました。編集者によれば、多くの方にお読みいただいているそうです。よかったら、読んでみてください。

この記事の内容を一言でいえば、「早期退職もいいけど、慎重にね」になるんでしょうけど、なんだか、モヤモヤしながら書きました。いや、ひょっとしたら、いまもモヤモヤしているかもしれません。

終身雇用や年功序列が崩壊しつつある(といわれる)今、「将来に備えよ」「スキルを磨け」「他人から必要とされる人材になれ」みたいな声をよく聞きます。また、AIが仕事を奪うと言われて久しい昨今、「何かを生み出せるようになれ」「もっと思考せよ」といった話も、耳にする機会が多いです。ひょっとしたら、ボクが書いた前出の記事も、その類のものなのかもしれません。

まぁ、確かに、その通りだと思うのだけれど、と同時に、なんとなくモヤモヤもするのですよね。「それだけが、解なのかな?」と。

会社に依存せずに、自分の足だけで歩けるようになることは、それはそれで、とても大事だとは思います。でも、一体「どれだけの人が、それを実現できるのか?」と。「みんながみんな、それを実現できるのか?」と思うと、ボクの頭には「?」が浮かぶのです。

たとえば、工場の組み立てラインの仕事。それは、ひょっとしたら、「同じことの繰り返し」で「クリエイティブな仕事」ではないのかもしれない。AIが発達し、ロボットの技術がもっと進んだら、その仕事はなくなってしまうかもしれない。

だけど、今現在は実際にあるし、ボクらは、そこで一生懸命働くみなさんのおかげで、豊かな生活を営んでいる。

そう思うと、やみくもに、「自立せよ!」「成長せよ!」と叫んでだけいるのは、なんだか違う......というか、無責任のようにすら感じます。また、急ぎ早に「自立だ~」「成長だ~」とばかり言われるのは、なんだか疲れてしまうのです。

ただ、かつてと違って「会社に所属していれば、のほほんとしていても安心」というわけでは、なくなってきているのは事実なのだろうと思います。では、どうすればいいのだろう?すべての人が自分ごとととらえて、これからの未来を切り開いていくには、何が必要なのだろう?

「将来に備える」......そのための方法に、自立やスキル、成長といったこと以外にも、あるのではないかと思っています。

たとえば、ボクは少しばかりの農業をやっているのですが、これは、趣味でありつつも「自分の食い扶持は自分で作る」みたいなことを意識してやってます。「とりあえず米だけあれば、食うに困らんだろう」と。

あと、地域の人と仲良くするとか、行事にできるだけ参加するとか。何か、困ったことがあったとき、身近に助け合うことができる人がいるといいなと思って。あ、農業もね、みんなが集うツールの1つです。

ほかにも、親と同居すること。多くの人数で生活したほうが、コストは掛からないしお互いを補い合えます。

まぁ、言ってみれば「昔のくらしに回帰する」という感じなのかもしれませんが、こういった「生活面を整える」ことも、将来に備える上では大切なことなのではないかと思っています。

でも、実際のところ、こういったことはなかなか面倒です。農業だって、買ったほうが安い場合だってあるし、地域の行事も結構ある。親世代との同居だって、面倒に思うこともないわけではありません。自分たちの世帯だけで好き勝手に暮らしたほうが、どれだけ楽か......。

だけど、長期的にみれば、「自分の食い扶持は自分で作る」「人とつながる」「コストが掛からない生活をする」というのは、ボクにとっては、未来に備えた「生き伸びる戦略」なのです。

みんなが自立し、成長した世界って、どんな世界なんだろう?「自立だ~」「成長だ~」だけだと、人を選ぶし疲れてしまう。ボクにはみんなが、ガッチガチのモビルスーツを着て、戦い合っている世界に見える。でも、2:8の法則ではないけれど、すべての人がそういう人になれるわけではないのですよね。

それならば、生活面の「こんな備え方もあるよ」ということを伝えていければいいなー。

ボクは、バリバリのビジネスも大好きだけど、それ以外にも、もう少しあったかい、おたがいを助け合えるような、人間臭い世界も好きです。

Comment(2)

コメント

らでぃっしゅ

私は時々酷く疲れます。
一体何のため、誰のための仕事なのか分からなくなります。
AIに仕事を奪われるとか、効率よくバリバリ働かなければ生き残れないとか、そういうプレッシャーを毎日感じながら苦しい日々を過ごす事がとても辛いですし、子供たちにそういうプレッシャーを掛けたくないと感じています。
自分は年収もあるし会社でも信頼して貰えているので、他人から見ると幸せな人なのかもしれませんが、金と名誉のために毎日自分を切り売りするような人生は正直辛いです。
(結局会社にとって都合がいい人材ってだけなんでしょうね。)

子供の頃から線路に乗る人生しか教えてもらえなかったのと、そうする事が結局のところ”楽”であったこと、線路から脱線する勇気が無いまま大人になってしまったこと、色々考えてしまう日々です。

#竹内様の記事、読んでいると少しほっとします。

コメントを投稿する