オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

毎年この時期は「くやしい気持ち」になります

»

毎年、この時期になると「くやしい気持ち」になります。なぜなら、「想い」と「現実」とのギャップに向き合わなければならないからです。

NPO法人しごとのみらいの総会は毎年この時期にあります。2014年度を振り返ってみると、想いを形にできたもの、できなかったものなど、さまざまです。

形にできなかったものは、やっぱりくやしい。「努力が足りなかったのではないか?」「行動が足りなかったのではないか?」と、自分を責めたくなります。

できなかったものをできるようにする解決策がすぐに見つかればいいんでしょうけど、なかなか見つからないことも多いです。その時々で「どうしたら実現できるのだろう?」と考えて、やってみる。だめなら、また考えて、やってみる・・・その繰り返しです。

ボクは、「一人ひとりの"しごと"がもっと楽しくなったらいいのにな」と思っています。そのビジョンは、しごとのみらいを作ったときも、今も、なんら変わっていません。今やりたいことは、ここに書いてありますが、2015年度は「これを作りました」という明確な結果を出せるように、あきらめず、めげず、たのしく、やりきりたい!です。

NPO法人は法律上、10名以上の会員が必要ですが、しごとのみらいの会員のみなさんにはいつも支えていただいて、本当に感謝しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する