オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

利益が主か社会性が主か、ビジネスが主かNPOが主か

»

今進めている新刊、今月末には印刷所に入稿できそうです。

新刊ができたら、それをテキストにしてコミュニケーション講座をやりたいと思っているんですけど、この講座は妙高を拠点にやってみたいなと思っています。

詳しい内容は明日以降ブログにまとめながら、改めて整理していこうと思っていますが、妙高で開催するのは、集客の点でハードルは高いんだろうなぁと何となく思っています。

で、一人で考えるよりも、誰かに相談したほうが整理できるのではないかと思い、ある経営コンサルタントに相談してみることにしたんです。

そこで出てきたキーワードは、「競合」「差別化」という言葉でした。ビジネスの現場ではよく出てくるキーワードですよね。競合がやっていないようなニッチなところで、差別化をはかることがビジネスを成功させるカギだと。

一方、それらの言葉を聴いて、軽い違和感も抱きました。もちろん、競合を考えることも、他と差別化することも大切ですし、利益をあげることも大切なのですが、「本当の目的は、問題を解決したいだけなんだよなぁ」みたいな。利益が主か社会性が主か、ビジネスが主かNPOが主か、みたいな、最初の入り口の違いなのかなと思うんですけどね。問題を解決することに、競合とか、あるのかな~?みたいな。

でも、永続できないと意味ないですからね。ビジネス的な視点はすごく大事。普段は「やりたい」という思い先行で、「競合」「差別化」という視点で考えることがなかったので、いい気づきになりました。第三者の視点を入れるって大事ですね。

どんな課題認識を持っていて、どういう手段で解決していきたいかを突き詰めればはっきりするかな。明日以降、ブログを通じて言語化しながら、もう少し整理していきたいと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する