オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

「これでいいのかなぁ?」と迷ったときは、「それを始めた原点」に立ち返ってみよう

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

周りから評価されないとき
思い通りの結果が出ないとき

ボクたちは

「本当にこれでいいのかなぁ?」
「このまま続けていていいのかなぁ?」

と迷い、苦しくなる。
過去の判断を悔やんだりする。

そして、それを解決しようと
いろいろと解決策を考えるのだけれど
なかなか、その答えは思いつかない。
「その答えがパッと思いつくなら、苦労しないよ」
と、愚痴の1つも言いたくなる。

人をまとめる立場だったり
リーダーだったり
○○長だったり

何かの中心にいる人ほどそうだろう。

上手く行っているときはいいけれど
上手く行かないときは、本当にツライね。

もし、「これでいいのかなぁ?」と迷ったときは
「それを始めた原点」に立ち返ってみよう。

「本当は何をしたかったのだろう?」
「何を叶えたかったのだろう?」
「○○をする意味って何だろう?」

そして

「そう、本当は○○がしたかったんだよなぁ」
「そう、○○のために、これを始めたんだよなぁ」

「それを始めた原点(=大きな目的)」

を思い出したとき
気持ちがフッと軽くなって
もう一歩踏み出そうという気持ちが湧いてくるんだ。

~~

ボクも仕事をしていると、いろんなことに悩みます。
上手く行っていないときほどそうです。

すると

「あ~、何とかしないと」

と焦ったり

「独立なんてしなきゃよかったなぁ」とか
「しごとのみらいなんて作んなきゃよかったなぁ」とか
「晴耕雨読なんて始めなきゃよかったなぁ」とか

過去を振り返って後悔したりします(笑)

こういうときは、視点がすごく狭まっていて
意識は問題点にしか目が向いていません。

益々気分が落ち込みます。
ツライです。
自分に自信がなくなります。

そんなときは

「そもそも、何でこれを始めたのか?」
「本当は、何をしたかったのか?」

を、繰り返し、繰り返し考えることにしています。

そうすると、ボクの場合はほとんど
「みんなの仕事を楽しくしたい。それだけ」
というところにたどり着きます。

で、この、「それを始めた原点(=大きな目的)」に改めて立ち返った時

「そう、そうなんだよ。仕事を楽しくしたいだけなんだよ」

と、

何か、腑に落ちた感じがして
原点に立ち返った感じがして
視点が目の前の問題から、急に広がった感じがして

「よし、もう少しがんばってみるか」

という気持ちになれるんです。

過去を悔やんでも変えられない。
過去の判断は、常にベスト。
振り返るなら、「それを始めようと思った原点」を思い出すといいみたいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する